カテゴリー「学問・資格」の20件の記事

2012年9月15日 (土)

CELEBRATING DORAEMON

今週の「ニュースで英会話」のタイトルです。
9/3に「ドラえもん生誕まで後100年」のイベントが日本と香港で行われたようです。

いつもは文脈としてはほとんど聴き取れないので、ネタにもできませんでした。
理系のニュースであればねぇ…。政治経済の話とかよく解りません。

今回はドラえもんの話なので、僕のレベルでもなんとかなりました。
"どら焼き"って、英語では、"bean-jam pancakes"なんですね。
そうか、あんこはbean-jamなんだ。

それにしても日本人だけでなく、外国人のファンも多い事。
近隣国と微妙な状態なので、敢えて微笑ましいニュースを選んでたりして。

だって、"Words in Action"のコーナーは、"tension"の説明。
日本語の「テンション高いわ〜」みたいに、良いイメージではなく。
tensionは緊張状態を表す単語。日本語とはほぼ逆の意味になるそうで。
アノ件も無事に解決されればいいな。

## ドラえもんが-100歳のこのネタで、僕の記事も600エントリーに達しました。

2012年8月 3日 (金)

おとなの基礎英語はタイ編

ずっと録画してた「おとなの基礎英語」ですが、ようやく放送に追いつきました。
シンガポール編(#1〜#32)、香港編(#33〜#64)に続き、今週から「タイ編」です。

シンガポール編はキーフレーズのみメモ書きしてました。
しかし、キーフレーズ以外にも色々と参考になるフレーズが出てきます。
せっかく観てるのにこれじゃイカン。てか、勿体ない。
香港編が始まるのに合わせて、流して観るのを止めました。

まずは書き溜めたメモをノートに書き写して、ネットで番組の内容を復習。
香港編からはキーフレーズと会話に役立ちそうな例を書いてます。

メモがノートに変わっただけなのに、割と記憶に残るようになりました。
やっぱり僕は手書きノート派のようです。

今週はほぼリアルタイムにノートに記録できてます。
月〜木曜の夜はランニングや散歩の後に軽い10分の英語タイム。
うん、なんか良い感じ。 ←いつまで続くやら

....

最後に海外旅行したのは4年前。しばらく行く機会はないと思ってます。
2回目のホノルルマラソンや欧州ドイツ語圏巡りとか、行きたいのは山々ですが。

まぁ、海外旅行でなくても、英会話が必要な機会があるかもしれないし。
ノッてるうちは負担にならないので、しばらく続けようと思ってます。

てか、技術系チュートリアル動画対策でヒアリングだけでも鍛えたい…

2012年7月19日 (木)

語学の勉強が進まない

4月から開始になったNHKの語学番組ですが、まったく勉強できてません。
特に「テレビでドイツ語」はまだ一度も観てません。
いや、第1回の途中で中断したままかな。やる気満々だったのにな。
今クールもテキストは購入してるので、しっかり学習したいところなのですが…。

今年に入って、Objective-Cを勉強してた頃に痛感したのが、僕の英語力の未熟さ。
MSDNの英文が読めるのはWindowsの専門用語に慣れてるだけ。
Apple Developerの英文は読めなくはないけど、理解するのに時間がかかる。
Appleはコンシューマ指向だから、もう少し日常的な表現にも慣れとかなきゃ。

そんな理由から、英語の方も手当たり次第に録画してみたけど、やっぱり無理。
専門分野の勉強を疎かにはできないので、いくつかに絞ることに。
「スーパープレゼンテーション」全部は聞き取れないけど、専門分野なら何とか。
「ニュースで英会話」難しいけど何とか。ショールズさんの発音聞き取りやすい。
「おとなの基礎英語」毎日10分。僕の日常会話の理解力はこの程度。

現在の進捗状況は「おとなの基礎英語」が1ヶ月遅れで、他の2つは消化済み。
先週末からノートに書き出しながら勉強を再開しました。
多分、明日には追いつくでしょう。

それでも今はドイツ語までは手が回らない。
その時間があったら、C#/Javaを覚えるかプログラム組まなきゃ。
あ。転職活動も続けなきゃ。

まぁ、今クールは録画しつつ、テキストだけ揃えておこう。 ←いつやるの?

2012年3月29日 (木)

大人の基礎英語かぁ

来週から「テレビでドイツ語」のEURO24第3弾がスタートします。
今クールはEURO24第1弾の再放送なので、新シリーズが楽しみです。
まだテキストを購入してなかったので、昨晩は近所の書店へ行ってきました。

平積みされてるNHKのテキストがいつもより多いな。
4月から語学番組が大幅にリニューアルされるらしいけど、こんなに多いとは。

他のテキストを購入する予定はないけど、ザッと眺めてみました。
そして、目に留まったのが「大人の基礎英語」。
基礎英語!なんて懐かしい〜!
ラジオの基礎英語は中学の3年間、毎朝お世話になってました。(当時はKimiko)

僕の英語力なんて、20年前のTOEICで440点くらいの貧弱なレベル。
今は英文を読めないと仕事にならないので、読解力だけは向上してるはず。
でも、英作文や会話は全然ダメです。

もう一度、基礎から始めてもいいのかな。

「英語でしゃべらナイト」が終了したので、録画してるのは「ニュースで英会話」だけ。
「大人の基礎英語」も観ることにしよう。ただ、放送は毎日なんだよなぁ・・・

....

実はこのエントリー、昨日の二つ目になる予定だったものです。
順調に書いてたのですが、途中からTKさんのニコ生特番がおもしろすぎて・・・
あまりにおもしろくて、手が止まり、一向に進みません。

一度は退場くらったけど、最後の延長まできっちり観ました。
僕は楽器や演奏には疎いけど、スゴイってのだけは理解できます。
ちなみにボカロの声は「ルカ」が好きです。

2012年2月 1日 (水)

ニィーマルス アングストゥ

駆け足で観てた前クールの「テレビでドイツ語」も最後の月になりました。
ミュンヘンのOktoberfestに繰り出す様子や大学生の生活ぶり等、興味深い内容でした。
内田恭子さんのクールはいずれ再放送すると思うので、次回はしっかりと勉強しよう。

さて、トリンドル玲奈さんの最後のインタビュー。
オペラ歌手ローマン・トレーケルさんのモットーは"Niemals Angst!"。
「決して恐れるな」って意味。感情を制御して前に進もうって事なのかな。

男は度胸、女は愛嬌。って言葉はあるけど、僕は両方必要だと思います。
実際のところ、女性には両方を兼ね備えた方が多いように感じます。

「大切なのは好奇心と時間だよ!」
「お金なんてどうにかなるんだから、度胸があるなら行動あるのみだよ!」
なんて言い残して、世界中を放浪(?)してる女性もいらっしるようで。

身近な人にも即断即決で行動できる女性が多いし。
つい最近でも、新居を一日で決めて良い方向に行った人が居ました。
運もあるかもしれないけど、羨ましいし尊敬します。
僕自身は物事を感覚的に決めて失敗が多かったので、どうしても腰が重たい。
結果、いつも深謀遠慮のようになるけど、そればかりじゃね。

Zeit ist Geld! Niemals Angst!
心配していた元同僚の話を鑑みると、いずれ僕も重い腰を上げる事になるでしょう。
今はまだ雌伏の時だけど、もう少し具体的なプランに移行する段階になったかな。

2012年1月24日 (火)

ミュンヘンのWG

ドイツ語の追っかけ学習も、ようやく昨年の8月号まで来ました。
今回は流すだけの"なんちゃって学習"。
次回以降のクールで再放送されると思ってるので、今はこれで良しとします。

さて、Lenaさんが"黒い森"地方でのファームスティから都会のミュンヘンへ移動。
ミュンヘンではWG(Wohngemeinschaft)と呼ばれる、シェアハウスでの生活模様がお題です。

WG(ヴェー・ゲー)は住居共同体なので、家賃は割り勘、家事は分担。
若者達の暮らしぶり楽しそうだなぁ・・・と、思いつつも、僕は微妙かも。
安上がりなのは良いけど、不潔な人とは生活できないし。タバコも嫌だし。
でも、合宿のような共同生活が平気なのは、期限が決まってるから。 ←むしろ好き。

WGは何度か他のクールでも紹介されてたけど、今回の家は良さそう。
勿論、部屋は個別。シェアする空間はダイニング・キッチン。トイレとバスは分からない。
水まわりが奇麗なら多少の事には目を瞑りましょう。

本編とは関係なく気になった事があります。
それは、共同生活者が晩ご飯にイタリア料理を作って食べてるトコなのですが・・・
いやー、なんだか食べ方が美しくないです。
さすがにパスタを啜る人は皆無ですが、食器とフォーク&スプーンの衝突音がすごい。
欧州の方々は皆、カチャカチャ音を立てたりしないと思ってました。
スプーンの使い方は日本人そっくりだったし。
テーブルマナーにうるさいのって、一部の国なんですかね?

それにしても、Oktoberfestの映像に心が躍ります。超行きたい!

2011年12月 9日 (金)

ドイツ3B

久しぶりに家事をしたり、晩酌したり、ドイツ語のテキスト読んだり。

昨日の晩ご飯は、気合い入れて洋食作ったので、姪っ子も美味いと言ってくれてよかった。
気分良くなって、ついついビール&酎ハイの拍車がかかるコンビネーション。
自分でもどうかしてたと思う。平日なのにねぇ・・・
今朝は若干バタバタしたけど、昼食の片付けまてで、とりあえずミッション完了。
コーヒー入れたら15:30。今日はもういいや。ドイツ語のテキスト進めますか。

....

今日は"ドイツ3B"という言葉を知りました。
文法ではなくBで始まる有名なドイツ人音楽家のことです。
J.S.Bach(バッハ) ← どのバッハか?ということで。
Beethoven(ベートーベン)
Brahms(ブラームス)

クラシック音楽が若者には人気がないのは、ドイツも日本も同じようで。
日本は"のだめカンタービレ"でクラシック人気が上昇!と思ってたのに。
あれは玉木人気に尽きるのかな?

2011年11月26日 (土)

一瞬に生きろ

今日は午前中から久々のドイツ語学習タイム。
「テレビでドイツ語」のEURO24シリーズの4,9月分をこなしてました。
半年も怠けてたら、テキストの内容を忘れてて大変。
動詞の活用変化についてけない。とりあえず、IchとSieの場合に限定しとこうかな。

....

その中で、トリンドル玲奈さんが"TOKIO HOTEL"にインタビューしてるコーナーがありました。
"TOKIO HOTEL"はドイツ語で歌うアーティストで、今は世界的にも人気なんだとか。
そして、日独の親善大使になってたりするとか。

僕が知ってるドイツ語を中心に歌ってるアーティストは、NENAや"Wir sind Helden"くらい。
最近聴く洋楽は、昔好きだったアーティストかガガ様なので、かなりの不勉強。

玲奈さん自身がファンだったようで、楽しそうな感じが印象的でした。
しかも、彼女のドイツ語がスゴイ!自然に会話しててとても羨ましい。

インタビューの最後に、彼らのモットーを質問してました。
その回答が、"Leb' die Sekunde!" - 一瞬に生きろ!って事だそうです。
ちなみに、このタイトル↑で楽曲が発表されてます。
YouTubeで聴いてみたら、なかなかカッコイイ感じの曲を出してるんですね。

Leb' die Sekunde!をカタカナで書くと、レプ・ディー・ゼクンデ!でいいのかな。

2011年11月24日 (木)

ある校長先生のお言葉

今年は未曾有の災害年で、3.11以降も各地で地震や水害が起きてます。
今日も北海道で地震があったばかり。自然の脅威には勝てません。

つい先日、ラジオ番組で立教新座中学校・高等学校の校長先生のメッセージが紹介されました。

■卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。 (立教新座中学校・高等学校)

これは同校の卒業生に向けて2011.3.24に贈られたメッセージです。

僕はラジオで聴く以前に、卒業式シーズン中にこの情報を知りました。
卒業式を中止する学校が多いとニュースで話題になってた頃です。

今時の若者にどんな言葉を贈るのか興味があり、このサイトを訪れました。
メッセージを読むと、同校の卒業生だけでなく、もっと多くの人に向けた言葉かと。
これから新しい一歩を踏み出そうとしている人へ発信してるように感じます。

8ヶ月も前の事ですが、再びラジオ番組で耳にしたのも何かの縁。
折角なので紹介してみました。

2011年7月26日 (火)

では、お言葉に甘えて

日曜日、インストール中で暇を持て余したので、撮り貯めた語学系の番組をひたすら消化してました。

「テレビでドイツ語」を3つ、「英語でしゃべらナイト」を2つ、「ニュースで英会話」を1つ。
脳が疲れました。

今回観た番組で、特に感銘を受けたのが、「英語でしゃべらナイト」です。

....

顧客を 育て 自らも 育つ

共に 成長するのが 美しき ビジネスの形

....

いいですね。本当にそう思います。

で、この番組には「丸の内ZEN問答」というミニ・コーナーがあります。
日本語でよく使うフレーズを英語でどう表現するのか、いつもお題が楽しみです。

今回のお題は「では、お言葉に甘えて。」
備忘録の代りに書いておきます。

I will take you at your word.
(あなたの言葉を信頼致します。)

I appreciate your generosity.
(ご親切にありがとうございます。)

I will take you up on your generous offer.
(あなたの親切な提案をお受けします。)

....

今は忘れてしまうだろうけど、いつかきっと。

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ