カテゴリー「ペット」の3件の記事

2011年5月 7日 (土)

チィ逝く

今日の夕方、ついにチィが息を引き取りました。
人間の年齢に換算すると105歳以上!もう大往生です。

....

昨日からずっとカゴの中に居ました。
お昼までは呼吸も正常でした。
声を掛けると少々反応しますが、僕とは気づきません。
それでも、鳴き声は聞けました。

夕方の17:00くらいに見た時には、既に・・・との事。
会社から戻って、いきなり聞かされて、しばし呆然。
立て続けだなぁ・・・

....

それにしても、よくぞ、ここまで生きたよ。
チィよ。安らかに。

2011年5月 6日 (金)

チィ帰還

昨晩、なんとか玄関まで辿り着いたようです。
鳴いてたので、中に入れてあげようとしましたが、なかなか入りません。
目脂と鼻水でヒドイ顔。

僕の両親が顔を拭いてあげてました。
で、家の前の小屋にカゴを用意し、その中で休ませました。

....

今朝やお昼は松の木や茂みに隠れて休んでました。
僕が会社に戻った後、また放浪の旅に。
200mくらい離れた田んぼの辺りで発見し、連れ戻したそうです。

衰弱がひどくなりました。
もう、ヨロヨロとしか歩けません。うーん。

2011年5月 1日 (日)

チロ逝く

今朝、我が家の番犬だったチロが息を引き取りました。13歳でした。
人間の年齢だと65歳くらいとのことで、それなりの寿命だったのでしょう。

父親がもらってきた頃は、まだヨチヨチ歩く真っ白な子犬でした。
どんどん大きくなり、あっという間にデカイ中型犬クラスまで成長。
親犬は少々大きめの小型犬だったので、里親もビックリするくらい。

....

僕は悪い飼い主だったと思う。
僕は動物は好きだけど、家でペットを飼う事はまた別なので、反対してました。
両親のようにかわいがる事はなく、寂しがらせていたと思う。
それでも、思い出は色々あります。

ペットの葬儀屋さんにお願いするにあたり、
両親が段ボールに毛布を敷いてチロを寝かせ、庭の花を添えてました。
幼犬だった頃の顔に戻ったような感じ。
ただ眠ってるみたい。
撫でてみたら、すっかり冷たくなって・・・ショックでした。
チロ。安らかに。

やべ。なんか泣けてきた。

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ