« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の22件の記事

2012年9月29日 (土)

カテキョしてみました3

部活に追われてる姪っ子ですが、そろそろ中間テストです。
今日は部活が無いので、うちで勉強してました。

たまに質問されたら教えるくらいだったのですが、今日は様子が変。
床に寝そべったまま、ゴロゴロ…クネクネ…と、何その動き?どーしたん?

「理科が…理科が全然解らないっ。」 えっ、どの辺?
「道のりとか、速さとか・・・、グラフとか解んない!」 えー、昨年教えたじゃん…
「なんか頭がこんがらがって、どうしたらいい解らない。」

てか、公式は覚えてる?
「み・は・じ、でしょ?」 何それ?初めて聞いたよ。公式で覚えなよ!

[速さ] × [時間] = [道のり] だけ覚えておけば、後は応用なのに…
オームの法則も同じノリなのに…。まぁ、いいけど。

問題文を読んだら、混乱してた理由がわかりました。
[速さ]が、km/hなのに、[時間]が秒とか、[道のり]がmとか。
単位を揃えるのに慣れてないんだね。

後は、[道のり]を基準に方程式を作るのを教えたら、ひとまず納得したようです。
こんなんでテスト大丈夫なのかな…

と言いつつ、昨日「二次方程式の解の公式」を聞かれて誤摩化したのは内緒です。
※二次方程式の解の公式 → こちら

一週間の成果が無駄になりかけた

一週間がんばったのに無駄だった…。

みたいな事を、昨日書くつもりだったのですが、何とか報われそうです。
半ば諦めてたので、つい嬉しくてエントリー書くよりも検証の方を優先してました。

「あきらめる?あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」 by 安西先生

本当にそう思います。
そして、やっぱり僕の学習スタイルは、つまみ食いするのが良いようです。
後は勉強した事を仕事で使えるといいな。

※以下、つまらないので読み飛ばしてください。

.... 

先週、予定が決まった事で、自ずと勉強できる期間も限られます。
なので、ここはPHPの知識を深めようとフレームワークについて学ぶ事に。
既にSymfony系とFuelPHPの教本は購入してあります。

まずはSymfony系。写経にならないよう、敢えて最新バージョンで。
NetBeans7.2にSymfony2.1/Doctrine2の環境を用意。
バージョンの差異には戸惑うけど、1つ1つ動作を確認していけば何とか…

最初は順調に進み、四日間で教本の4分の3くらいは何とかなりました。
しかし、ある段階からエラーが多発して、先へ進めません。
とうとう手も足も出なくなり、昨日の午前中で作業を止めました。

午後、諦め半分でFuelPHPの教本を読んでたら、ちょっと気になる事が。
そして、ふとした思いつきで見てたページにSilexの記事がありました。
Symfony2のコンポーネントは単独でも使える・・・と。

そっか、必要なコンポーネントのソースだけ読めば良いのか。
全体が把握できなくて迷ってたけど、全部使ってる訳ないじゃん。

そして、閃いたところを調べたら、なんとか動作するようになりました。
いやー、ソース捨てなくてよかった。

おかげで、僕が求めていた知識を得る事ができました。
後はユーザ認証・認可を何とかしたいところです。

Composerからのautoloadって

とりあえずapp/autoload.phpに書いてみたものの、Composerが気になります。

Composerが依存管理してるなら、次はどうすれば良いんだろ。
vendor/composer/installed.jsonを読むと"autoload"の記述が。
composer.jsonにもあるけど、ここで良いのかな。

{
    "name": "symfony/framework-standard-edition",
    "description": "The \"Symfony Standard Edition\" distribution",
    "autoload": {
        "psr-0": { "": "src/",
            "Doctrine\\Bundle": "vendor/bundles",
            "Doctrine\\Common\\DataFixtures": "vendor/doctrine-fixtures/lib",
            "Gedmo": "vendor/gedmo-doctrine-extensions/lib",
            "Stof": "vendor/bundles"
        }
※以下、省略

てな感じで、composer.jsonの"autoload"に追加してみました。
そして、この記述を反映するにはcomposer.pharを使うらしい。

プロジェクト内を"find ./ -name composer.phar -print"で探すが見つからず。
素直にダウンロードしてcomposer.jsonのディレクトリにcomposer.pharを用意。

$ curl -s http://getcomposer.org/installer | php
$ php composer.phar install

自動生成のプロセスが進み、無事に終了。
vendor/composer/autoload_namespaces.phpを確認したら、期待通り反映されてました。
app/autoload.phpに記述するのと、どちらが良いんだろ。

....

ちょっと魔が差して、ついでにアップデートも。

$ php composer.phar update

あれよあれよと言う間に、Symfony2関連も更新されて、ちょっとびっくり。
いや、当然なんですけど、何せ初めて目にする動作で心の準備が…。

この作業してて思ったのですが、Composer使うとパッケージ類の扱いは楽になるんですね。
"require"に記述してあれば、依存関係を見てダウンロードくれるし。
もちろんautoloadのお膳立てまでしてくれるし。この先が楽しみです。

....

そもそもPHP界隈の事情に詳しくない私。これら一連の作業って正しいのでしょうか?
大きな勘違いしてなきゃいいのですが…。

symfony2.1のautoloaderって

Symfony2の勉強だてら、サンプルを動かしてみることにしました。
サンプルはsymfony2.0で作られています。でも、私の環境はsymfony-2.1.2.zip。

最初は順調だったのですが、クラスのnamespaceを登録するところで困りました。
symfony2.0と2.1でapp/autoload.phpの内容が違いすぎ。
※この時点では未だComposerについての知識はありません。

少しでも新しい方が良いかなと思ってたのですが、甘かったです。
仕方ないので、web/app_dev.phpから呼ばれる順にソースを追う事に。

あちこち廻って、vendor/composer/autoload_real.phpで$loaderの生成を見つけました。
で、vendor/composer/ClassLoader.phpの冒頭コメント。

/**
* ClassLoader implements a PSR-0 class loader
*
* See https://github.com/php-fig/fig-standards/blob/master/accepted/PSR-0.md
*
*     $loader = new \Composer\Autoload\ClassLoader();
*
*     // register classes with namespaces
*     $loader->add('Symfony\Component', __DIR__.'/component');
*     $loader->add('Symfony',           __DIR__.'/framework');
*

なるほど。って事は、$loaderが生成された後、どこかでadd()すれば良いのか。
自動生成されたソースを除外すると、やっぱりapp/autoload.phpなのかな。

app/autoload.phpに$loader->add()を追加したら、サンプルは動作するようになりました。
でも、Composer…。PSR-0...?(つづく)

2012年9月27日 (木)

妹のダンナが遊びに来た

先週末、妹2のダンナが姪っ子2号を連れて遊びに来ました。
今回の主な目的はお米や野菜の輸送です。
しかし、僕はこの機会を待ってました!

そもそも先週は、のんきなエントリーとは裏腹に脳はフル回転状態。
復習とおさんどんの疲れは、飲み会で癒すべし!
平日なのに無理して仕事を切り上げてくれた友人との会話で癒されました。
本当に感謝です。

そして、その翌日。急に色々と予定が決まり、何だか落ち着かない。
涼しくなったおかげで、勉強は捗るものの、誰かこの状況を話したい。
そんなモヤモヤした状況で、彼がやってくるとは。なんて好都合!

....

いつにも増して豪華な食事を堪能した後は、いつものように呑みタイム。
毎度、冷蔵庫のストックが無くなるまで呑みますが、今回はぼちぼち。
それでも、二人でビール大瓶10本、ワイン1本空けました。
呑み足りない気もしたけど、今の状況を話せてスッキリしました。

最後は酒無しで話してて、僕が半分寝落ち状態になり、以上終了。
なんか、いつもこんな感じで終わるなぁ。

....

そして、今週なのですが・・・、ストレートに表現できないトコは察してください。

PEARを設定する

OS X 10.8にPHP5.4をインストールしてから、PEARを設定するのを忘れてました。
なので、既定のPHP(標準のphpは5.3)のように、

sudo php /usr/lib/php/install-pear-nozlib.phar

と、するつもりだったのですが、そういや、PHP5.4はMacPortsから入れたのでした。
パッケージ管理は、HomebrewではなくMacPorts。
基本となるディレクトリは"/opt/local/"なので、そちら側に構築してもらいたい訳です。

"pear-install-phar"と"php54-pear"をインストール後、 ←ちょっと自信なし
/opt/local/lib/php/pearディレクトリにinstall-pear-nozlib.pharファイルがありました。
なので、このファイルから設定してみました。※以下は、操作の流れ

※phpコマンド←php54へ
$ sudo port select php php54

※とりあえず、インストール
$ cd /opt/local/lib/php/pear
$ sudo php install-pear-nozlib.phar
[PEAR] Archive_Tar    - installed: 1.3.7
[PEAR] Console_Getopt - installed: 1.3.0
[PEAR] Structures_Graph- installed: 1.0.4
[PEAR] XML_Util       - installed: 1.2.1
[PEAR] PEAR           - installed: 1.9.4
Wrote PEAR system config file at: /opt/local/etc/pear.conf
You may want to add: /opt/local/lib/php54/pear to your php.ini include_path

※php.iniを編集
$ sudo vi /opt/local/etc/php54/php.ini
  (include_pathの記述付近に追加)
include_path = ".:/opt/local/lib/php54/pear"

※いろいろと確認
$ pear info pear
  (省略)
$ pear config-get php_dir
/opt/local/lib/php54/pear

※残りの作業
$ sudo pear config-set auto_discover 1
$ sudo pear update-channels

この後、PHPUnitをインストールしてみましたが、特にエラーは発生しませんでした。
テスト書いてダメだったら、素直にgo-pear.pharからインストールします。

2012年9月26日 (水)

Gitを入れる

ちょうど一週間前、ようやくGitを使う決心がつきました。
github.comから都度zip形式でダウンロードしてましたが、そろそろ限界です。
もう、大勢に逆らえません。

ネットの情報を参考にMacPortsからgit-coreとgit-flowをインストール。
git config --global.△△△とかでuserとか設定したり。
よく解ってないんだけど、~/.gitconfigを直接編集した方が早いような…。
コマンド調べてみたけど、結構多いな。

github.comにもレジストして、必要なソース群を手に入れられるようになりました。
そして、圧倒的なソース量にちょっと当てられて、頭がクラクラしました。

....

現在、NetBeans IDE 7.2 (Mac:UTF-8化済み)で快適に開発してます。
なので、特にGUIなクライアントは用意せず、NetBeansから使ってみてます。

今のところ、NetBeans側からGitの機能を利用して、コマンドはあまり使ってません。
特にgit-flowで生成したfeatureブランチとNetBeansの履歴管理が合ってない気がします。
なので、git-flowについてはまた後日にします。

2012年9月21日 (金)

寒暖差が12℃もある

まー、とにかく寒いのです。

火曜日まではフェーン現象の影響で猛暑日が続いてました。
一昨日は、朝から雨が降り始めた雨は、今日の朝まで降ったり止んだり。

降り始めの頃は蒸し暑かったものの、気温は段々と下がっていきます。
一昨日は窓全開で寝てたら、寒くなったので、窓を閉めて寝直し。
昨日はもう夜風が痛いくらい冷たくて、窓を開けてられません。

そもそも昨日は日中も涼しく、気温がほとんど上がりません。
温度計を見たら24℃!わっ、12℃も低いじゃないか。
そりゃ寒いわ。

....

急な気温の低下に体が慣れません。
喉が痛くて、少々ガラガラ声になってるし。
夏の日焼けした部分の皮膚が剥け始めてボロボロになってるし。
脱皮とは言わないけど、剥けた所の肌は、元の色に戻ってます。

そういえば、ペット達が夏毛→冬毛に変化し始めるのも、この時期だったかな。
もうペットを飼うつもりはないけど、少々しんみりしますわ。

さて、さすがに扇風機は必要ないかな。
週末、晴れてても涼しかったら、今度こそ片付けよう。

2012年9月18日 (火)

北極・南極、そしてアイスランド

まー、要するに暑いのです。
扇風機を片付けても良さそうな雰囲気なんてコレっぽっちもありません。

ここのところ残暑が厳しく、机に向かってると汗がポトポト落ちてきます。
暑くて集中力が落ちたところで、録画しておいた番組を見ながら涼んでました。

NHKの「フローズン・プラネット1, 2」は北極・南極の生物達を中心にしたドキュメント。
微笑ましい動物達の生活ぶりに目を細めてました。 ←ペンギン達が超かわいい
一方で、環境の変化、生息域の変化、まさに厳しい現実を紹介してたり。

先週の「世界ふしぎ発見!」はアイスランド。
こちらは涼しそうだと思って録画したけど、涼しそうな映像は無し。
女性が強い社会って言われたのは知りませんでした。
バイキングの時代から、家長として守るのは女性の役割だったそうで。
北欧神話のフレイヤも強い女神として崇められてるらしい。 ←ペルソナ1だと微妙

てか、番組見ただけじゃ涼しくなる訳もなく。
結局はアイス食べたり、スイカ食べたりして涼を取ってました。

てかてか、ニュースで発表された今の気温は36.2度。
全国の観測地点では第三位だって。彼岸までは耐えなきゃ。

....

特にこの四日間は短期集中学習でJavaを8年ぶりにおさらい。
書籍「パーフェクトJava」で文法の復習、サーブレットやGUIの知識更新。
途中、Ust.で配信されてたPHPの勉強会で中座したけど、どっぷりJava浸けの日々。

これなら仕事でJavaを選択しても大丈夫そうです。まぁ、肝心の仕事が微妙ですが…

2012年9月15日 (土)

Java: Listの書き方って

先日「パーフェクトJava」を購入し、Javaの復習を始めてます。

主にPHPのエディタとして使ってるNetBeans7.2ですが、普通にJavaにも使おうかと。
一応、最新のJDK7も入れてあるので、環境は問題ないでしょう。

で、ふと気になった事があります。LinkedListを使おうと、
List<String> list = new LinkedList<String>();
のように記述しました。これで正しく動作するのですが、統合環境が警告を表示します。
List<String> list = new LinkedList();
これで警告は消えますが、この記述方法って奨励されてるのでしょうか?
ネットを探しても、言及している記事が見つかりません。
最初の例は、Java2の頃に奨励されてたのは見つかったのですが…

僕は冗長な記述が嫌いなので、後段の方が好きです。
NetBeansが言うんだから大丈夫なんだろう、きっと。

CELEBRATING DORAEMON

今週の「ニュースで英会話」のタイトルです。
9/3に「ドラえもん生誕まで後100年」のイベントが日本と香港で行われたようです。

いつもは文脈としてはほとんど聴き取れないので、ネタにもできませんでした。
理系のニュースであればねぇ…。政治経済の話とかよく解りません。

今回はドラえもんの話なので、僕のレベルでもなんとかなりました。
"どら焼き"って、英語では、"bean-jam pancakes"なんですね。
そうか、あんこはbean-jamなんだ。

それにしても日本人だけでなく、外国人のファンも多い事。
近隣国と微妙な状態なので、敢えて微笑ましいニュースを選んでたりして。

だって、"Words in Action"のコーナーは、"tension"の説明。
日本語の「テンション高いわ〜」みたいに、良いイメージではなく。
tensionは緊張状態を表す単語。日本語とはほぼ逆の意味になるそうで。
アノ件も無事に解決されればいいな。

## ドラえもんが-100歳のこのネタで、僕の記事も600エントリーに達しました。

2012年9月14日 (金)

ヤン・ファン・エイクに震えた

先日、BS朝日の番組でヤン・ファン・エイクの作品を紹介してました。

僕は美術史に疎いので、15世紀の画家?宗教画家ってこと?としか思いませんでした。
いやいや、とんでもない勘違い。西洋絵画の魅力でもある油絵の「祖」だったなんて。
絵の具を塗り重ねることにより、新しく絵画の世界を切り開いた巨匠。
油絵の創始者でしたか。すいません、本当にすいません。

初期フランドル派ってことでは、マウリッツハイス美術館展の作品達に繋がってきます。
ピーテル・ブリューゲル、ヤン・ブリューゲルに繋がると思うと、感慨深いものがあります。

それにしても、細緻極まる書き込み具合。
凸面鏡に描かれた4名の人物。
甲冑に映りこんだ人物や兜のマリア像。
本当に微細な筆遣いで、知覚したもの全てを描き込んだように感じる作品達。
番組で「ヤン・ファン・エイクここにあり」と言うくらい、彼の自信が伝わってきます。

現代人が写真からトレースしても、ここまで起こせるかどうか。
注意深く緻密な作業ができなければ、フェイクすら作れないでしょう。
ルネッサンスの代表者のひとりに数えられる巨匠。やっぱりすごいですね。

2012年9月13日 (木)

居酒屋ランチ!

久しぶりに普通の日記です。

そろそろ、ボサボサ状態の髪が気になってきました。 ←あっ。今誰か笑ったな?
面接を考慮して、さっぱりすっきりカットしてもらうのが得策でしょう。
朝一から予約を入れて、稲刈りをブッチして、いざ新潟へ。

僕が最初のお客だったのは知ってたけど、あれ?微妙に準備が間に合ってない?
いつもはハーブティーかコーヒー出してくれるのに無かったし。
お弁当の臭いが微妙に漂ってるし。まぁ、いいけど。
雑談しながら、ついでに経営ノウハウについて色々と教えてもらいました。

カットが終わって思ったのが、ちょっと切り過ぎじゃね?まぁ…、いい…けど。
新しいシャンプーを購入して、次は書店へ。

購入する書籍がはっきりしてたので、プラーカ地下駐車場に停めてジュンク堂へ。
・「効率的なWebアプリケーションの作り方」
・「パーフェクトJava」
の2冊を購入しました。これで、2時間の駐車無料券ゲットです。

## 先日、購入した「FuelPHP入門」と合わせて3冊か…

さくっと購入して2時間無料でお昼時。このまま帰るのは何か勿体ない。
軽食で済ませるつもりだったけど、駅前周辺のランチもいいな。
新潟駅前に出て、餃子の王将をチェックしたら満杯、てか立ち並び。 ←まだ人気
お弁当屋さんも心惹かれたけど、その先の居酒屋さんにしました。

お店の名前は「壱勢」。週変わりランチが700円。唐揚げ/焼き魚ランチが780円。
うん、お手頃です。ご飯・カレーはおかわり自由。ちなみに今日はトマトカレーでした。
どのランチでもカレーが食べ放題なんて初めてです。
このパターンは結構好きですねぇ。気に入りました。

居酒屋は呑みに行く所。と、思ってましたが、ランチってのは盲点でした。
普通に呑みに行っても美味しいんだから、そりゃあ。ご飯のおかずになるよねぇ。
ただ、だだ、生ビールと夜メニューの店内広告が目の毒でした。

2012年9月12日 (水)

週アスの付録が便利そう

某所で小耳に挟んだ情報ですが…

今週(9/10)発売された週刊アスキーの付録がとても便利そう!
なので、実際に購入(¥490)してみました。

Photo

この「パチパチまとめ板」が小物類とまとめられて便利との事。
この写真では微妙ですが、スマホ、ケーブル、USBメモリ、ペン、チューブ、等々。
鞄の中をゴチャゴチャさせたくない人にはもってこいのアイテムかもしれません。

実際に精密ドライバー、USBメモリ、iPod、USBケーブル、をまとめてみました。
ゴムの滑り止めが付いてるので、思ったよりはシッカリ固定されます。
難点を言えば、ゴムパッチンの編みの影響で、ほぼ3分割さてしまうところでしょうか。

でも、日常で使うかと言うと、僕は持ち運びには使わないかな。
iPod以外は、このまま作業部屋のフックに掛けておくの良さそう。

普段は100均で購入したメッシュ状のポーチに小物をぶち込んでます。
しばらくすると、その中身がゴチャゴチャしてくるので、ちょっと嫌になる事も。

常に美しく固定しておきたい人なら、このアイテムは重宝すると思います。

2012年9月11日 (火)

壊れる物が多いな

先週からやたらと物が壊れるようになりました。

最初は事務所のFAXの調子が悪いくらいの話だったのですが、
紙が排出されないとか、コピーできないとか、ひどい音がするとの事。
トナーや用紙を変えてみたけど、まったくダメ。

仕方ないので、近所の電器屋まで、家庭用FAXを買いに行きました。
とりあえず後2・3年くらい使えれば良いので、家庭用で十分かと。
ツイートでは商品点数の少なさを嘆いたけど、性能は申し分無い。
古い業務用FAXよりも、かなり美しい出力です。

....

翌日。姪っ子が「iPodが壊れた」とか言って、えらく変形したのを持ってきました。
何でも、ポケットに入れたまま洗濯してしまい、取り出したらこんな感じだった…と。
それでも、自然乾燥させたら、3日目くらいで電源は入ったようです。
どうやら、液晶は無事だったみたい。

変形した部分があまりにボロボロだったので、ペンチで直してあげる事に。
どれどれ、せーの、ふんっ!→「パキッ」→あれっ?
げっ、液晶にひび割れが…あわわわわ
ごっ、ごめんよっ!!! → 脱兎

....

その翌日。今度は稲刈り後に、お米を処理する重要な機械が作動しなくなりました。
3日かけて修理(メーカーさん張り付き状態)したら、何とかなったようです。
しかし、おかげで全ての作業が後回し。随分と予定が狂ってしまいました。

僕としてはラッキーな面もあったのですが、このままだといつか罰が当たりそう。

フレームワーク覚えられるかな

PHP5の文法を覚えてから、ポータルサイトもどきのデータ照会画面は作れるようになりました。
もっともPHPというよりは、HTMLにCSSとjQueryで組んでる感じ。
PHPは主にデータアクセスとli要素への展開というベタな使い方です。

素のPHPで業務系のデータを照会できるのは良いのです。
しかし、実際の業務では、セキュリティ上の問題が多すぎて困ります。
で、参考にしたのが、以下の書籍です。
・安全なWebアプリケーションの作り方
・パーフェクトPHP

とにかく、僕のやりたい事を実装するにはフレームワークを利用する必要があると。
基礎的なフレームワークでの実装方法は「パーフェクトPHP」で学ばせて頂きました。

では、既存のフレームワークで実践してみよう!いろいろ調べて興味をもったのが、
・Zend Framework 2
・Symfony2
・CodeIgniter
・Yii
・FuelPHP

この中でNetBeans7.2のIDEに対応してて、新しいのはSymfony2だけ。
認証管理やテンプレートエンジン(Twig)等が充実してそう。
ざっと見た感じでは、何とかなるだろう。

と、思ってたけど甘かった。

Symfony2はインストールできて、チュートリアルも実行できるようになりました。
しかし、ここから先へ進めません。特にフレームワークの用語が解らない。
昨日、ようやくBundleの意味が解り、DemoBundleを削除したところです。

データを扱うのにDoctrine2が必要とかでインストールしてみたら、ORMだし。
Symfony2.1がリリースされてたので入れ替えてみたら、ファイル構成が変更されてるし。

自分のスキルが未熟なだけじゃなく、圧倒的に知識が不足してる事を痛感しました。
NetBeans7.2+PHP5.4の「組込みWebサーバー」が快適なので、調子に乗ってたのかもしれません。

2012年9月10日 (月)

氷結の早摘みシリーズ

9月5日に発売されたKIRINの氷結早摘みシリーズ。 ※ニュースはこれ
期間限定なので、出荷量が少ないのかなと心配してたのですが…

近所のコンビニにも無事に入荷したので、記念に購入しました。

Photo

そもそもこのシリーズが存在してたなんて、まったく知りませんでした。
たまたまソノさんのつぶやきで知ったので、実にラッキー!

確かに味が薄いような気もしますが、甘過ぎないので僕は好きです。
ただ、アルコール分が少ないので、つい飲み過ぎてしまうのが難点。
ガブ飲みは良くないので気をつけよう。

美味すぎて止まらなくなるKIRIN本搾りシリーズにも期間限定 が出てますね。
今回は「はっさく」ですか。これは、やまや辺りに行かないと売ってないかな。

2012年9月 7日 (金)

GIMP2.8.2はX不要に!

さて、久しぶりにGIMPでも触ろうか…と、その前にアップデート確認。
公式サイトではなく、"GIMP on OS X" を訪れて吃驚した!

"Mac OS X 10.8.x Mountain Lion - native, no X11/XQuartz"
なーる。だからMacPortsでコンパイルした時、挙動が変だったのか…

バージョンは、GIMP 2.8.2p4。
Lion以前は今まで通りXQuartzが必要ですが、MountainLion用はネイティブ・アプリです。
いや、これはもう入れるしかないでしょ!って事で、早速インストールしてみました。

ネットの情報では、「英語モードでインストールしないと起動不可」
なんて記述もありましたが、9/6現在のp4では問題ありません。

初期起動はフォントテーブルの読込で遅かったけど、通常起動は速いこと。
XQuartzも常駐してません。OS Xのフォントをそのまま使ってるので実に美しい。
そして、気になる日本語の辺りを試してみました。

Gimp282

インストール後、何も設定しなくても日本語フォントは扱えます。
ただし、あくまでフォント選択だけです。「日本語入力」は相変わらずダメです。
「ことえり」を制御できないので、今まで通り、コピペ作戦で行く事になります。

僕は仮名入力なので、タイプしたひらがながそのまま転送されてます。
テキスト・レイヤーだけでなく、ダイアログ類の文字列入力全般ダメです。
あぁ〜、惜しいなぁ…

XQuartzなら日本語入力環境(kinput2+Canna)を導入する手段はあります。
頻度を考えると面倒くさいので放置してますが、ゼロじゃありません。

ネイティブ化によって、起動も動作も速くて、OS Xに馴染んでます。
後は日本語入力だけ。次のアップデートでは、何とか対応してもらいたいです。

まぁ、きっと技術的に難しいんでしょうね。マルチプラットホームの宿命ですか。
環境によっては、IMEのON/OFF制御すら概念無いから…

....

僕が良く利用するGfigがエラーで落ちるようになりました。
ショートカット・キーも[command]+[Z][X][C][V]が[control]+のまま。
ブラシの調整すらできないので、はっきり言って使い物になりません。

2.8.0に戻すのも何なので、作業はUbuntuか雪豹でするしかなさそうです。
今のままでは辛いので、早急にパッチが欲しい所です。

ついでにJavaからSQLServerにアクセスしてみた

先ほどの続きですが、、、

MS純正といえば、JDBCドライバは提供されてました。
Linux前提みたいですが、Macでも動作するらしい。
という訳で、NetBeans7.2+JDK7の環境にJDBCドライバをインストールしてアクセスしてみました。

結果はあっさりというか当然のようにOK。
Cのようにハンドル類をアロケートしなくても、いきなりConnectionを生成できるので楽です。
こちらも結果セットの扱いについては深く調べてません。
getString()でコンソール出力した限りでは文字化けもありませんでした。

これならStrutsとjQuery使って遊べるかも。

MacからSQLServerにアクセスしてみた

先月、MacでSQLServer2008のデータを扱うテストをしてました。

CocoaというかノーマルCからは、unixODBC/FreeTDS接続。
PHPからは、php54-mssql/FreeTDS接続とphp54-odbc/unixODBC/FreeTDS接続。

とりあえず試した範囲では、意図する結果セットの取得に成功しました。
詳細はもう少し調査を進めたら書きますが、今のところ概ね満足してます。
ここまでならLinuxでも同様かと思います。

個人的にはデータ型のマッピング絡みで苦労した過去があるので、MS純正のドライバを使いたかったのですが…
MS純正のネイティブクライアントはRedhat Linux Ent.にしか提供されてません。
今後はOLE-DBではなく、ODBC接続に回帰するようですが、非Windowsはどうなるんだろ。

※2014.09.08追記
この時に構築した環境は、ほぼコチラ のエントリーの通りです。
内容はQt5用に思われるかもしれませんが、その前準備の話なので共通です。

2012年9月 6日 (木)

試行錯誤しながら分離中

毎日があっという間に過ぎてく今日この頃。
少々焦りのような気持ちが芽生えてきました。
別段、何かに困ってる訳じゃないのですが、何なのでしょうね。

以前はすべて自前で作成してたので、完成までのプロットは描けてました。
もうそんな時代じゃないので、既にある技術ならそちらを利用するべき。
でも、他人の成果物に慣れるには、ある程度の「時間」が必要だし。

試行錯誤ばかりだけど、慣れてしまえば、ホント後は楽なんだよなぁ…
まだ思い通りに扱えない歯痒さの所為だと思いたい。

それと、先週の打合せで知った閉塞感もあるのかも。
まぁとにかく。モヤモヤした状態はよろしくない!

って事で、9月に入ってから僕のリソースの一部を分離する作業をしてました。
手間がかかりそうで敬遠してたけど、今のところ成果は上々です。 ← 結局、丸二日
R40チームのフォローも可能になったし、しばらくはこのままで行きます。

後は成果物。何かしら評価してもらえる段階に進めば、少しは収まるだろう。

2012年9月 3日 (月)

夏休みは減ったのか

1日・2日が土日休みの会社は、本日3日から9月の業務開始。
## あまりストレス溜めるなよ → 前職アラフォー's

子供達も今日から二学期。…と言う訳ではありません。
近所の中学校は8/29から二学期開始。
僕らの頃は8/31までだったのに。ちょっと、かわいそう。

友人の地域では、前期・後期制になって勝手が分からない、とか言ってたな。
通知表は2回なので、成績の悪い子は小言いわれなくて助かるのか…
まぁ、それでも全国的に見たら、9/3が始業式の所が多いのかな。

夏休みが9/2まで延長されたようなものだから、各所でネタになってましたね。
・サッカーの試合に例えて、ロスタイム中のネタ。
・ヒーロー物っぽく、宿題が悪者で、9/1号・9/2号がここは俺達にまかせろ!後は…
・子供達がモンスターで、宿題手伝って攻撃をくらって、撃沈する親のネタ。
ほんと、誰がうまい事言えと…的なつぶやきが多かったな。

....

8月は前半はノリノリで開発、後半は転職活動と旅行。
お盆期間を挟んで、まったく趣の異なる月でした。

つい最近は、久しぶりに酒抜きでプチ進捗報告会。
一応は順調って事にしておきました。

それにしても、愚痴のレベルがひどくなってきてるな。大丈夫なのか?
## 他人の事より、自分の心配をしろと言われそう…

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ