« 机も夏仕様に | トップページ | MLのMacportsで悲喜交々(GIMP2.8編) »

2012年8月 2日 (木)

Oracleが未確認って…

OS X 10.8 Mountain Lionがリリースされてから一週間。
各所の対応により、予想よりも早く環境整備が進んでます。

Xcode4.4+Command Line ToolsとXQuartzは即日導入。
JavaのランタイムはAppleが用意したものをダウンロード。
Homebrewに切り替えようと思ったのですが、やっぱりMacportsにしました。

そして、今回のJDK7はOpenJDKではなく、敢えてOracle版を入れてみました。
Encodingの件があったので、Javaの内部コードもUTF-8ベースで行きます。

いつものようにイメージをダウンロードして、パッケージから導入…できない!
GateKeeperのチェックに引っかかります。
天下の"ORACLE社"なのに、未確認のためインストールできませんって。
いちいちセキュリティを下げるのも面倒だしなぁ。

試しに.pkgを抜き出して、[control]+クリックでメニューから選択すればOKでした。
もしかして、Oracleのプロダクトは全部こんな感じなのか?と思い、
NetBeans7.2とVirtualBox 4.1.8をインストールしてみたけど、やっぱり同じですね。

さて、今回はNetBeans7.2のUTF-8化のため、netbeans.confを修正します。

$ sudo vi /Applications/NetBeans/NetBeans 7.2.app/Contents/Resources/NetBeans/etc/netbeans.conf

※netbeans_default_optionsの最後に追加します。

netbeans_default_options=" (…途中略…) -J-Dfile.encoding=UTF-8"

Java PreferencesでJDK7の優先順を上げて準備完了。
この状態で起動したダイアログがこれです。

Netbeans72_2

期待通りの環境にできたようです。

Java7での動作を確認するため、テストプログラムを動作させてみました。←もちろんOK
java.nio.file.Pathsを利用したサンプルは、Java7なら問題ありません。←Java6はエラー
デバッグ環境にはまだ慣れてないけど、色々と試してみたくなりました。

« 机も夏仕様に | トップページ | MLのMacportsで悲喜交々(GIMP2.8編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/55336590

この記事へのトラックバック一覧です: Oracleが未確認って…:

« 机も夏仕様に | トップページ | MLのMacportsで悲喜交々(GIMP2.8編) »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ