« 早朝からバッタと遭遇 | トップページ | 大変だ、教えとかなきゃ »

2012年7月25日 (水)

OLE-DBサポート廃止って

そろそろSQLServer2012の評価をしようと、導入前にmsdnの資料を読んでました。
そしたら、こんな エントリー↓が見つかりました。
「SQL Server 2012 以降の SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーの廃止」

ハァ?何の冗談なのさ。
SQL Azureと合わせるためにODBCサポートへシフトする?ふざけんな!

MDAC以来、ODBCは古い仕様だから使うな、OLE-DB Providerにしろ、とリード。
LINQの都合で.NET Frameworkを使え、と誘導。
それが手のひらを返したように、古くさいODBC接続にするだと?

....

今までナンダカンダ言いながらも、SQLServerとWindowsOSでのシステム構築は楽でした。
MS製品で固めるなら、色々な意味でバランス良くて、中小企業には最適だと思います。
SQLServerはトータルで良くできたRDB製品だと思います。

しかし、OLE DB廃止して、どーするつもり何でしょう。
ODBC接続なら、サードパーティ製品から利用しやすいし、他OSからもアクセスできる。
って事は、もうWindowsOSである必要はないって事ですよ?

今回の件といい、Windows8の件といい、MS社の判断は理解に苦しみます。
世間がオラオラ・ジャバジャバばっかり言ってるのも仕方ないか。

しばらくしたら、クライアント側はC#で試作しようと思ってたけど、やっぱり止めます。
やりたくないけど、Java+Swingの評価が先か。
あぁ〜、Delphiがもっとメジャー言語でミドルウェアが安価だったらなぁ。。。

ちなみに、前職ではDelphi5限定・ミドルウエア購入不可・英語不可縛りがありました。
何とかできたのはSQLServerのおかげなのですが、これでは余命7年の宣告に等しい。

« 早朝からバッタと遭遇 | トップページ | 大変だ、教えとかなきゃ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/55278969

この記事へのトラックバック一覧です: OLE-DBサポート廃止って:

« 早朝からバッタと遭遇 | トップページ | 大変だ、教えとかなきゃ »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ