« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の15件の記事

2012年6月29日 (金)

成分献血の方がお得なの?

すいません。また献血ネタの続きです。
引っ張り過ぎかもしれませんが、どうも気になったもので。

万代の「ゆとりろ」では、献血後にサーティワンのアイスが1個もらえます。
これとお菓子を食べつつ、コーヒーで水分補給して、漫画読んで・・・と。
今回はタオルとポーチも頂いたりして、何気にほくほくして帰ってます。

で、気になったのは、こちらの平日限定!タイムサービス
平日の朝11:30までに成分献血をすると、ドトールのホットドックがもらえます。
何で「成分献血」だけなの?

今回は、日曜日で、午後で、全血400mlで、期間外。
という全部外しの問題外なので、まぁ別にいいのですが・・・

成分献血は時間かかるけど、体への負担は少ないのに何で優遇されるんだろう。
僕は全血400mlを短時間でサクッと終わらせるのが好きなのに。
単に赤血球とかを体に戻すフェーズが嫌いってだけですが。

成分献血は時間かかるので、余程タイミングよくないと無理・・・じゃないじゃん!
今はハロワ通いとネットで求人検索。後はプログラミング・その他の自由な日々じゃん。
しまった。やっぱり平日に行くべきだった。

食い意地が張ってるので、この手のキャンペーンにはホイホイ釣られます。
8/19以降なら成分献血解禁なので、それまでに決まらなかったら釣られよう。

....

献血後の異常な食欲もやっと落ち着きました。
実は食欲だけでなく、食後にくる堪え難い眠気も解消されました。
毎日毎食、食っちゃ寝してたら、そりゃ太るわ。

まだ青アザが引かないけど、来週からトレーニングに復帰しよう。
節酒節酒・・・と。 ←言ってるだけ

2012年6月27日 (水)

ラベンダーだったもの

先日、家中がラベンダーの匂いで溢れてましたが、理由が判明しました。
これを作るためにラベンダーを摘んでたようです。

Photo

ラベンダーの茎を束ねて、りぼんで編み、そこへ花を入れる。
これで天然素材の芳香剤の完成です。

てっきり、妹が暇つぶしに作ってると思ってたのに。
まさか母だったとは。
もしかして、アイツも暇だなぁ・・・、とボヤいたのを根に持ってたのかな。

この天然素材の芳香剤は、一年保つ(保たせる)そうです。
香りが消えたら、トントンと軽く束を叩くと復活するらしい。

今のところ、微かだけどラベンダーの香りは漂ってます。
完全に消えたら試してみよう。

Ubuntu12.04LTSをクリーン・インストール

Ubuntu10.11以降のUnityに馴染めず、メインPCは相変わらずの10.04LTSです。
GNOME2のデスクトップに慣れ過ぎました。

サブPCに10.11をインストールしてからも、一向にメインに格上げできてません。
10.11→11.04→11.11とアップグレード・インストールばかり。
途中、KDEやGNOME-Shellのclassicを使いつつ、気づけばもう2年もサブか。
12.04LTSのリリースを期に、メインPC昇格!最後のアップグレードだ!
そんな意気込みで4月末にアップグレード・インストールしました。

しかし、何かが変。OS自体は問題ないけど、日本語フォントの表示がおかしい。
フォント不足なのかFirefoxや開発環境での違和感がどうにもできない。
KDEとGNOMEを共存させた弊害なのか?

しばらく放置してたのですが、NetBeans7.1.2環境でもボロボロだったため仕切り直し。
久しぶりにUbuntuをクリーン・インストールしてみました。

....

インストールしたのは12.04LTS日本語Remix。 ←本家サイトでもオススメは32bit版 
・デュアル・ブートなPCなので、既存Ubuntu環境を削除&インストール。
・Qtの調査は保留中なので、KDEは入れない。
・Unityはシェルウィンドウ表示するのが手間なので、GNOME-Shellは即導入。
・RADEONのプロプラなドライバも即導入。
・GIMP2.8用にリポジトリ追加とapt-get update後に、apt-get install gimp。
・OpenJDKのランタイムはJava7だけ。

と、以前に比べたらシンプルな構成になりました。
そして、いつものようにiBus+Anthyのかな入力モードの設定した後の事。

iBusで設定変更して、テキストエディタで変換ウィンドウを表示して、Anthyでかなモード。
さてさて、再起動・・・ん。ん?んん!?

え。フリーズ?もしかして・・・

ぎゃー、忘れてた!サブPCはファンレスPCじゃないか!
そういえば埃が入らないように廃熱口を資料で塞いでたんだった。
慌てて資料をどかしたら、むわっ!と熱気が・・・ひぃぃぃ

速攻でAC引っこ抜いたけど、しばらく放心状態。
PCの熱を冷まし、自分の頭を冷やし、落ち着きを取り戻した頃。
改めてサブPCを起動してみました。

OSの起動までは無事に進み、まずは一安心。
ところが、ログイン後のメニュー表示がおかしい。
なぜか、ドイツ語と英語が混ざった状態になってる。 ←まだドイツ語入れてないのに

言語の設定が"Deutsch"、"English"、以下グレーで選択不可。えっマジで?
ネットで調べても同じ症状の人は居ない。 ←まぁね

ダメ元でDeutschをドラッグして下げてみたら動く。
じゃあ、Englishは?とドラッグして下げてみたら動く。そして、Englishより上のグレー解除!

一旦、Englishを最下行へ移動させてから、日本語を最上行へ。
そして、順序を"日本語""English"に戻して再起動。
無事に元通り!めでたしめでたし。

・・・コレからは肝に命じよう。「電源入れる前に本体確認!」

2012年6月26日 (火)

Retinaディスプレイ見てきた

週末ネタの続きです。

献血でクラクラしながらも、もう一つの目的を果たすためビックカメラへ向かいました。
その目的ってのが、新しく発表されたMacBook Pro/Airの実機を拝見する事です。

実はMacBook自体はどうでも良くて、搭載されてるRetinaディスプレイが目的です。
高精度なRetina。どれくらい奇麗なのか興味があったもので。

さて、実際に見てみたら、驚きはしないけど噂に違わぬ美しさ。
特にフォント表示が美しい。英字だけかと思ってたら、日本語フォントも滑らかです。
文書を読んでても、ジャギーは全く気になりません。
小さな文字もはっきりしてるので、普段使いとしてもRetinaの方がいい!

ただ、Retinaディスプレイが単体で発売されても、すぐには購入しないかな。
高精度は魅力だけど、今はまだ様子見。僕の用途ではiPadの今後に期待。

....

New iPad (iPad3)が発表された頃は、買換える気満々だったけど、すぐに冷めました。
iPad2買ったばかりだし、僕の用途では充分だったからです。
重量、バッテリー、Retinaの黄ばみ、・・・iPad2の方が良いじゃん。

それでも高精度なRetinaディスプレイだけは別です。
時期が来たら、ScanSnapを購入してPDF化したい書類がたくさんあるもので。
データのない書類のファイリングは個人でも必要だと思います。
自炊するつもりは無いけど、語学テキストなら書き込みたい場面もあるし。

だから、やっぱりiPadの今後に期待してます。

2012年6月25日 (月)

スッキリするため献血へ

ここしばらく活動してた事に結論を出した先週末の金曜日。 ← やむを得ず辞退
元同僚と微妙な飲み会になってしまった先週末の金曜日。 ← 何も進んでない

今回はちょっとばかり調子に乗って飲んでしまいました。
ウコンを飲み忘れたので、翌日の倦怠感はハンパなかった。
プラシーボかもしれないけど、やっぱりウコンは必須だよ。

せっかく良い天気だったのに土曜日は夕方まで外出もせず。
連チャンの呑みは体力的にも金銭的にも堪えるので、今回はパス。

変な時間に眠ってしまったため、日曜日は6:00くらいから行動開始。
と言っても録画した番組が貯まってたのをひたすら消化。
これではイケナイと遅れてた作業を始めるものの、変わらずの良い天気でウズウズ。

そうだ。献血に行こう!ハーフマラソンの後、行くの忘れてたわ。

今回行ったのは、万代の「ゆとりろ」。
紀伊国屋にも寄りたかったので丁度いいかなと。
あと、ハガレンの続きも読みたかったし。

献血ルームは相変わらず混雑してました。
献血自体はスムーズだけど、事前チェックが手間取ってる感じ。
まぁ、人の命にかかわる事なので、慎重になるのは仕方ないですね。

それにしても、献血でスッキリするつもりだったけど、今回は微妙。
献血後、いつもなら30分くらいで回復するのに、1時間経っても回復しません。

ずっと、お菓子食べてお茶飲んでる訳にもいかないので、席を立とうしたらクラクラ。
アレ?頭が回らない・・・
でも、普通に歩けるし、少し気持ち悪いのは、飲み過ぎだろう・・・

そのまま書店に向かい、本を手に取ってみたけど、ダメだこりゃ。
文字が読めない。いや、活字を見るとチカチカする。
・・・まずい。素直に帰ろう。

接続の良い電車があったので、そのまま帰路につきました。
幸い40分くらいしたら復活。
そして、ルパンの「血が足りねぇ。じゃんじゃん持ってこい。」チックな食欲。

一時はどうなるかと思ったわ。
帰宅後はガッツリ食べたし、今も生きてるからもう大丈夫でしょう。

2012年6月22日 (金)

ラベンダーだったのか

今朝起きたら、何処からか花のような香りがふわふわと漂ってました。

芳香剤の類いはあまり好きじゃないので、家には無いはず。
何だろう?と思い、1階に降りたらスゴイ匂い。
家中が独特の香りで充満してました。

うっわ、何なん?「あー、ラベンダー摘んだのよ。」

ラベンダーとな?そんなものが生えてたとは。
親戚から分けてもらったベゴニアは知ってたけど・・・ ←ベゴニア奇麗。花言葉もイイ。
畑を覗いたら、確かに咲いてるわ。

ちなみに咲いてる状態はこんな感じ。

2012

摘んだのは手前の方みたい。ちょっとスカスカしてる。

てか、ラベンダーって、こんな生え方するのか。
北海道旅行の時に訪れた、現地のラベンダー畑とは少し違う気がする。
品種と気候の違い?

2012年6月21日 (木)

モヤモヤしてたからハンバーグ?

マラソン大会が終わってから、軽い筋肉痛も一日で終了。
再就職が決まった友人をお祝いして、僕も活動再開!なんて思ってたら・・・

ここ10日間くらい、ハロワ行ったり、面接試験受けたり、とフルタイムで就職活動。
勉強する余裕はなく、ブログ更新する気になれず、細々とつぶやくばかり。
身の回りに変化があるのはいいのですが、オチなし期間が長いのは堪えます。

そんなモヤモヤ期に突入してしまった週末、母が主婦仲間と旅行へ行く事に。
今回も自動的におさんどんの任務に就きました。

日曜は適当に冷蔵庫の中身を使って、おかずとつまみを少々。
戴いた冷酒を呑みながら、今後の展望について父と語り合いました。
まだ真意を聞いてなかったので、すごく良い機会になりました。 ←ソノさん、Thanks!

モヤモヤが晴れた月曜は、風呂掃除して、お昼作って、これで任務完了。
冷蔵庫の野菜も全部使い切ったし、満足満足。
ん?そういや何時に帰ってくるんだろ?
と、帰宅時刻を確認したら・・・夜じゃん!晩飯も作るのかよ。+姪っ子の分も。

残ってるのはテーブルの置いてあるタマネギ半個。
・・・よし。ハンバーグを作ろう。 ←何でこう思ったのか自分でも分からない

とりあえず、みじん切りにして炒めますか。
飴色になるまで30分以上炒めて、粗熱を取ってる間に買物へ。
4人分はネットで調べたけど、丁度良い分量の合挽き肉パックは見つからず。
ちょっと少ないけど大丈夫だろう。

戻ってから、ボールにパン粉と牛乳入れて、合挽き肉とタマネギ混ぜてコネコネ。
タネができたら、適量を取って空気を抜きつつ成形。
そしたら、やっぱりサイズが小さい!全然足りないじゃんか。
何この残念なガッカリ感は。これなら2パック買えばよかった。

ハンバーグを焼き始めた頃に母が帰宅。アレ?早かったのね。
「なんでそんな面倒な事してんの?ハンバーグならそこにあるけど。」
・・・いや、聞いてないし。てか、開口一番それ?

納得いかない点はあるけど、ハンバークはそれなりに食べられたので良いか。
まぁ、20年ぶりにハンバーグ作ったんだもの。多少の違和感あるのは仕方ない。
・・・つなぎのたまご。テーブルに置いたまま忘れてた・・・

2012年6月20日 (水)

いいのかレルヒさん

本日の笑っていいとも!に、新潟県のゆるキャラ「レルヒさん」が出演してました。
(レルヒさんのツイッターはコチラ )

県庁職員の方と一緒だったから観光PR支援活動の一環だったのかな。
新潟県内のゆるキャラ達をPRしてるサイト もあるし。

そういえば、レルヒさんは先週のグルメマラソンにも来てたな。
少しだけ走ってたような記憶もちらほら。
トッキッキも呼ばれてたみたいだし。 ← マラソン大会でのトッキッキ出現率は高い

で、肝心のキャッチコピーですが・・・

色々と候補は挙ったけど、最終的には爆問太田さんの「マリオの親戚」に決定しました。
え。いいのか?本当に?

大人の事情によって、キャラの存在が消滅しない事を願ってます。・・・合掌

....

このコーナーの冒頭で、名物「けんさん焼き」が紹介されてました。
けんさん焼き?え。"おにぎり焼いたやつ"で通じるんじゃないの?

※ネットで調べたら確かにあった! → ZOJIRUSHIさんのサイト

お恥ずかしい話、僕はコレに呼称があるなんて知りませんでした。
母に確認したら、母の実家では少し訛って「けんさ」と呼んでたそうな。

何で僕は知らなかったんだろう?

2012年6月11日 (月)

Negicco登場

昨日のエントリーのつづきです。

ゴール後の楽しみと言えば、お食事タイムしかありません。
今回は5km付近からずっと、お腹がぐーぐー鳴ってたので、早く何か食べたい。

「グルメ」を冠する大会なので、食べ物を販売するテントが数多く並んでます。
第1回大会では晴天に恵まれて、ランナーではない人々も大勢集まってました。
しかし、生憎の雨天。降ったり止んだり、時には土砂降りの悪天候。
芝生でゴロゴロしなから食事して生ビールを呑むのは不可能です。

魚沼産コシヒカリは食べ放題なのです。
が、ご飯をよそってもらっても、食べる場所がありません。
テントの下は収容人数に限界があるので、溢れた人は雨の中で食べる事になります。
僕は傘をさしながらの立ち食いでした。
折角の食事なので、もっとゆったりとしたかったです。 ←自然には逆らえない

....

僕が食ベ終わり、元同僚のY君がおかわりした頃、ステージにNegiccoが登場しました。
何だかY君が妙なテンション。「ちょ、ちょ、Negiccoですよ!観ましょうよ!」
えっ。君は山盛りごはん食べながら観るつもりかい。

1曲目の途中で、僕らもステージ付近へ。
Photo

地元のローカルアイドルだけど、生で観るのは初めてです。
今はめちゃイケのEDテーマも歌ってるので、僕も気にはなってたのですが・・・
Y君、「かわぃ〜」連発。「本物超かわいい!」

そして、明らかにランナーではなく、次元の違うテンションの一団発見。
Negiccoと共に会場を盛り上げてました。
Y君、「踊りおぼえてぇ〜」「参加してぇ〜」「CD買って帰ろうかな!」等々。

・・・ハマってるの?「えっ、いやぁ・・・」
ふーん。元同僚の意外な一面を知ってしまった。
まぁ、僕も本物を観たら応援したくなったし。Negiccoがんばれ!全国に羽ばたけ!

2012年6月10日 (日)

第3回グルメマラソン完走!

公言してた通り、今日はハーフマラソン大会に参加してきました。
『第3回南魚沼グルメマラソン』
僕の中で、初モノには手を出すな、とトラウマの原因になった大会です。

第1回大会の灼熱地獄は何処へやら。今回は寒さとの闘いなりました。
朝起きてから、嫌な感じはあったんだよなぁ・・・
浦佐駅から土砂降り状態。1時間半くらい雨が止まず。

僕は元同僚と二人で参加してるけど、ホノルル行ったメンバーもチラホラ。
懐かしい面々との再会は、懐かしくも嬉しい。
てか、その皆様はアスリートと同格レベルなので、僕らは気が引けますわ。

レースは雨のランダム攻撃でランナーは疲弊。
でも、今回は給水ポイントが劇的に改善されてて、ランナーにはとてもありがたい。
給水と雨は全くの別問題。すごく助かりました。

沿道の応援も力になりました。無垢な子供達の応援に応えるのは楽しい。
何度、子供らとハイタッチしたんだろ。テンション上がり過ぎ。抑えろ、自分。

とにかく快適に走れたのは事実です。
元同僚共々、2時間30分以内に完走できました。 ←うーん、かなり遅いね
今回のペースで「潮風マラソン」走ってたら、完走できたかも。

そう言えば、コスプレ・ランナーも多かったな。
・シャア=アズナブル。
・メイド姿の男の娘風のおっさん。
・おにぎりx2。
・アフロ兄さん。
その他多数。いやー、皆さんイイ感じ。着ぐるみの皆様おつかれです。

僕らのお気に入りは・・・と、
・虎娘さんと牛娘さん、超かわいかったです。マジです。スゴイです。
・白鳥さん、無事に呑めました?
・チャンピオンベルトさん、蝶野ですか?

しかーし。今回最強はリーマン風のお兄さんです。
スーツでビジネス鞄を持って走るなんて!もう注目の的。なんてうらやましい!
ちらちらと腕時計を見て、時間を気にする姿は正にリーマン。超おもしろい!
元同僚と大爆笑しなから走ってました。
てか、そのうち僕らがパクっても怒らないでね。(笑)

(つづく)

2012年6月 9日 (土)

MH3G: HR80になりました

前回のエントリー後は、基本的にソロでのまったりプレイを続けてました。
テーブル2が確定してから、どうにも炭坑夫になる気がしません。
素材集めにも力が入らず、モガ森をウロウロ。 ←でもイマイチ

ロイドさんと遠征打合せ等で狩りする機会があり、それが転機だったのかな。
最後の狩りの後、ようやくモガ森にガノスが出現しました。
帰宅後、早々に捕獲して希少特産品をゲット。 ←勲章「交易朱印状」獲得
そして、我慢してたインテリアを全て購入。 ←勲章「記念インテリア盾」獲得
HRも70を超えました。

その後はひたすら大連続クエをこなす毎日。
書類選考で落とされた事もあって、ついつい3〜4クエとか・・・。
HRがどんどん上がって行くので、ちょっとした罪悪感に苛まれつつも手が止まらない。

陸の闘技場での二頭同時クエは、けむり玉作戦で順調にクリア。
切るのに夢中になって失敗する事もあるけど、同士討ち狙いならソロでも難しくないです。
un君の誕生祝いで集まった時には、港★8暫定CLEARまで達成してました。

それにしても複数で狩るのは楽しい。
普段ソロでは使わない麻痺斧や属性斧を試せるし、防具も回避付けなくても立ち回れるし。
ミラオスとかジエンとか、一人ではかったるい大物も行けるし。
素材がたくさん集まってよかったです。
まぁ、「霊水晶」「ドス黒い血」はまだ手にしてませんが・・・何故、君達は入手してる?

またソロ狩りに戻った頃、HR80に到達しました。
出現したクエは「四色影陣」。ナルガ+べリオとナルガ亜+べリオ亜の同時クエです。
まぁ、こいつらはスラアクと相性が良いので、けむり玉失敗しても気になりません。
適当に切ってたら25分針で討伐完了。楽チン楽チン。

少しして、ロイドさんがラギア希少種を初見でノー乙でクリア! ←マジですげぇヨ
そんな情報に触発されて、僕もチャレンジ。
・1回目。2乙、35分針、報酬はゴミ。
・2回目。1乙、25分針、報酬はゴミもゴミ。

んー、ラギアはちょっと狩り過ぎたかな。
可哀想だから、しばらく放置しとこうか。くっ、冥海竜の雷魂・・・

....

このようなエントリーを一昨日書いたのですが、ココログの障害でロスト。
大した内容じゃないけど、再度同じ内容で書くのは苦痛です。
まるで完成直前のプログラムを消失して、一から書き直すような感じ。

2012年6月 8日 (金)

ルノアールの作品を観てみたい

先日、BS朝日「世界の名画〜美の迷宮への旅」でルノアールの作品を紹介してました。
タイトルは「幸福の画家が描いた子供達 ルノアール イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」。
観ててゾクゾクしました。

「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」が目的だったのですが、「ダリア」に心奪われました。
テレビなのに作品の映像がすごく良い!筆のタッチが伝わって来る!

同時代の現実主義だったアンカーの作品も美しい。
暖炉の炎の描写。炎が揺れる様子やその暖かさを実際に感じてる気分になります。

そして、冒頭で紹介された美術品盗難事件はショックでした。
2008年「ビュールレ・コレクション」から持ち去られたのは、次の4点。
・モネ、「ヴェトゥィユ近郊のケシ畑」。
・ゴッホ、「花咲くマロニエの枝」。
・セザンヌ、「赤いチョッキの少年」。 ←2012年4月に発見!
・ドガ、「ルピック伯爵と娘たち」。 ←セザンヌの2週間後に発見!

教科書で目にする名画になんて事を。作品が無事で本当に良かったです。

....

僕が美術に興味を持つようになったのは中学生の頃です。
美術の教科書に載っていた印象派の作品の数々。一瞬で引き込まれました。

その中でも特に目を引いたのがルノアールのイレーヌ嬢の肖像画。
教科書に印刷されたレベルでも際立ってたのを覚えてます。

美術は好きだったのですが、高校が私立の進学校だったので一年次で終了。
それ以降、美術に触れる機会は皆無。好きだった事を忘れるくらい。

ここ数年は美術好きな友人ができたおかげで、美術に触れる機会が増えました。
展覧会にも足を運ぶようになり、美術鑑賞を楽しんでます。

幸い、印象派の展覧会にも巡り会え、モネ展・ドガ展で多数の本物を目にしてます。
いつかはルノアールの作品も直に観てみたい。
後はピサロにゴッホに・・・まだまだ先は長いわ。

2012年6月 6日 (水)

金星は観れず、就活生に遭遇した

今日は今世紀最後の「金星の太陽面通過」が観られる日でした。
そして、世界がIPv6へ舵切った日でもあります。 ←日本は蚊帳の外

折角の天体イベントですが、薄曇りのため太陽を目視しても分かりません。
ここ1年以内にかなりの天体イベントがありましたが、まともに観れてません。
正直なところ、ニュースや動画サイトの中継の方が美しい映像を堪能できます。
でもね。やっぱりライブ感は欲しいのです。

そんなモヤモヤしてた薄曇りは消え、いつの間にか太陽が照りつけてます。

どうりで暑いわけだ。てか、金星は・・・と、あぁ、さっき逝ったのね。
まぁいいや。国保の支払ついでにドイツ語のテキスト買ってこよう。

....

健康の為、徒歩で出かけたのですが、とにかく暑い。
汗ばむどころではなく、汗が流れるくらい。

窓口は空いてたので、5分もかからずに支払完了。さて、次に行くか。

そして書店へ向かって歩きだしたら、リクルート・スーツの若者達が歩いてる。
専門学校生、いや高校生っぽいなぁ。みんな若い。てか、幼い顔してる。

お父さん(?)に送ってもらってる人。カップルっぽい二人。
時間潰してうろうろしてる人。慌てて来たのかネクタイしてない人。
ハンカチで汗を拭きながら向う人。自転車で来た人。

この時期は採用試験なのか会社説明会かは分からない。
ケータイいじってる人は誰もいない。
緊張した面持ちの若者を見てると、どことなく真剣さが伝わってくる。
僕が採用の仕事してた頃の、特に終盤の学生(超売り手)に見せてやりたい。

うん。やっぱり動く前に、もう少し幾つか受けてみるか。

2012年6月 4日 (月)

ワギュウがブームらしい

先週、NHKのニュース番組でワギュウの話題がありました。

オーストラリアでは"ワギュウ"が流行ってるようです。
ステーキやミートパイにも使われてて、かなりの高評価。
インタビューされてる方々の美味しそうな顔に偽りはありません。

正直なところ驚きました。
いや、霜降り牛肉が美味しいのは間違いないです。
でも、肉食文化圏の方々の口に合うとは思いませんでした。

僕が2回のオーストラリア旅行で食べたステーキは歯ごたえのある赤みばかり。
ソイ・ソースが置いてないところは、サワー・ソースかチリ・ペッパー。
ついつい日本のつもりで注文し、焼き加減をレアにして後悔した覚えがあります。
※赤みはウェルダン気味の方が美味かったです。

当時は霜降り肉は「マーブル」と称して嫌われてました。 ←と、ガイドさんから聞いた
ステーキって柔らかくて、ナイフがスッと通るものじゃないの?
絶対に霜降り肉をステーキにした方が美味しいのに・・・
そんな味覚の差を感じてたので、日本の牛肉が海外で流行るとは思いもよらず。

日本原産の和牛がオーストラリアに渡り、血統書まで付いてるなんて。
しかも、国内消費に留まらず、世界への輸出まで手掛けるなんて。
ものすごく脅威を感じるテーマでした。

日本発が海外で認められるのは嬉しいけど、結果的に日本がおかしくなるは嫌だなぁ。

2012年6月 1日 (金)

GIMP2.8が来てたのね

待ち続けてワクワクしてたGIMP2.8ですが、いつの間にかリリースされてました。
5/14って、ちょっと前だなぁ。なんで見落としてたんだろ。

本当は今朝からWin8のRP版でもインストールしようかと思ってましたが予定変更。
発売前のWin8なんて何時でもいいので、まずはGIMP2.8をインストールです。 (7:00)

Mac版(on OS X)はいつものように公式サイトから誘導されて、こちらへ
そのままダウンロードして、ディスクイメージからパッケージ導入しました。

ところが、起動したらダイアログが表示されて、そのままでは動作しませんでした。

GIMPはCocoaアプリではなく、Xアプリです。
そして、GIMP2.8はSnowLeopardの標準X11ではなく、XQuartzを要求します。
いつかは、と言うか、MountainLionのXはXQuartzになるらしいので、今から慣れときましょう。

....

XQuartzのサイトから最新版をダウンロード。
セッションを再起動して、再びGIMPを起動!・・・アレ?まだ動作しない。

XQuartzではなく、X11が常駐してるじゃないか。
先にXQuartzをインストールしなかったのが悪いのかな?

とにかく、手動でXQuartzだけを起動してみる。
2.7.2-rc3のアップデート確認がきてしまった。
んー、rc3だったらまぁいいか。最新にしてしまおう!

念のため、今度はMacを再起動。
そして、三たびGIMPを起動!・・・ちょっと待ったけど、無事にウィンドウが表示されました。
DockにもXQuartzが常駐してます。(9:30)

....

GIMP2.8のレポートは既に各所で上がってるので、個人的な感想だけ少々。
シングル・ウィンドウ・モードはとても使いやすいですね。
X11環境をいじる必要はなく、ポイント時の違和感がなくなってます。

過去のエントリーで紹介したシェイプエディタ(Gfig)やエフェクト類は普通に使えてます。
そして、Mac版でテキスト類の扱いがヒドイのも変わってません。

僕の環境だと、テキスト入力は漢字どころか英数字の入力もできませんでした。
[option]キーを押しながらであれば、英数字の入力は可能です。
まぁ、別途テキストエディタから貼付ける方法は健在です。
今まで通り、漢字もOKです。

この点が(カジュアルに)解決されれば、ビジネス文書の画像処理では困らないのにな。

あとはGfigの線分描画に始点・終点と矢印が選択できれば完璧なのですが・・・。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ