« MH3G: 怒ジョーとラ希ア | トップページ | 旬の野菜なのに・・・偏り過ぎだよ »

2012年5月27日 (日)

日比谷と美術に触れてきた

もう先週の話になりますが、急遽1泊2日の東京ツアーに行ってきました。
目的は日比谷オクトーバーフェスト2012と美術鑑賞。

無職だけれど、平日を活かせる機会は今しかないのです!
平日割引と高速バスの効果で安上がりの旅になりました。
まぁ、スカイツリーの影響なのか宿探しに四苦八苦しましたが・・・

....

初日は日比谷公園開催のオクトーバーフェストに参加。
ドイツビールとソーセージ、ザワークラウト、ピクルス等を堪能してきました。
カリー・ブルストも食べれて良かったです。

そして、同じテーブルに同席した人達との会話も楽しかった。
・仕立てジャケットのケミカル系専務さん、赤ワインごちそうさまでした。
・孫娘が美人で印刷関係の職人さん、晩ご飯食べれたでしょうか。
・横浜から来た歯科医さん1、ケリはつけなくともオチはつけよう。
・横浜から来た歯科医さん2、うまく行きました?
・歯科医さんのツレの先生、うまく行きました?
その他の方々もありがとうございました。まさに一期一会です。
※もし、この記述レベルで僕を特定できたらネットすげぇ。

....

翌日、午前の部は「セザンヌ展」。
2007年初夏の「大回顧展・モネ」(クロード・モネ)以来、5年振りの国立新美術館です。

ポール・セザンヌは美術の教科書に載るくらいの巨匠。
でも僕は代名詞になる作品を知りません。
ざっくり言えば、リンゴがモチーフの静物画とかふわふわしたタッチの風景画とか。
そんな感じの印象を持ってました。

実際に目してみると、やはり教科書のイメージとは随分違います。 ←何でもね
若い頃はしっかり書き込んでて、晩年は抽象化で感覚的になっていく。
そうだった。セザンヌは「近代絵画の父」じゃないか。

僕は写実主義や印象派が好きだったので、抽象画は苦手でした。
キュビズムあたりは難解で、僕の感性では素直に入ってこなくて・・・
審美眼をお持ちの方や勉強されてる方には好まれるのかな。

でも、この展覧会のおかげで、抽象化へ進んでいく過程が見えたような気がします。
僕の持ってたセザンヌに対する印象も変化しました。
なるほどねぇ。近代絵画はこの延長線上にあると考えれば良いのか。

....

午後の部は「KATAGAMI Style」。 ← TOKYO ART BEATさん。GJ!
副題は世界が恋した日本のデザイン、もうひとつのジャポニズム。
三菱一号館美術館での開催です。

僕はテキスタイルについては全くの不案内。
でも、型紙のデザイン性は好きです。
そして、染め物作業の大変さは充分に理解できます。

この展覧会は物量がスゴイことになってます。
全部見るのに1時間半くらいかかりました。

テーマが型紙なので、まずは昔の日本で使われてた実物の展示からです。
本物の型紙や見本染め、江戸時代の見本帳まで幅広くありました。
緻密、繊細、デザイン性。昔の人は粋でおしゃれだねぇ。
そして、型紙制作工程のビデオは圧巻です。震えます。

そして欧州に広がった日本のデザイン。
確かに色々なところで使われてました。
てっきり欧州でも自然発生したものだと思ってたのに。
その影響範囲は計り知れないくらいです。
アルフォンス・ミュシャまで入ってるなんて!あ、似てるタッチの人の名をメモし忘れた。

....

ふとした思いつきから始まった東京ツアーはとても充実したものになりました。
"感性は磨くもの"と教わってから、早○○年。今回は過去最高の成果でした。
今年は本当にLADY LUCKが舞い降りた年なのかもね。

« MH3G: 怒ジョーとラ希ア | トップページ | 旬の野菜なのに・・・偏り過ぎだよ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/54814260

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷と美術に触れてきた:

« MH3G: 怒ジョーとラ希ア | トップページ | 旬の野菜なのに・・・偏り過ぎだよ »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ