« 初めてStrutsに触れてみた | トップページ | やっと梅が咲き始めた »

2012年4月17日 (火)

Office: オブジェクトの選択ツールが見つからない

Office for mac 2011で図形(シェイプ)を扱う際、非常に不便な事が判明しました。

僕は説明資料を作成する場合、Wordを使う機会が多いです。
業務フローの類いは、シェイプを貼付けて、矢印を貼付けて、重なり調整して・・・
って感じで、体が覚えてしまってます。

この作業のキモになるのが、「オブジェクトの選択」です。
マウスドラックで指定した矩形内のオブジェクトを一括して選択状態にする機能。

図形オブジェクトを[shift]+クリックで一つ一つ選択するのも方法です。
しかし、背面に隠れたオブジェクトは選択できません。
なので、ドラッグでの一括選択はとても重要な機能なのです。

そしたら、この簡素で強力な機能が見当たりません。
Mac版に慣れてないから?と思い、ネットで調べて愕然としました。
こちらのサイト によると、何とこの機能は「廃止」されたようです。

なんで?!これじゃ使えないって!
じゃあ、WordとExcelがダメだったらPowerPointはどうなのさ?
図形調整しまくりだろうに。

心配になってPowerPointで試してみたら、何もしなくてもオブジェクトの選択は有効状態。
ドラッグで図形類を一括選択できました。

なので、図形の調整時は、一時的にPowerPointに貼付けて編集することにしました。
Windowsみたいにオブジェクトが崩れる事はなく、Wordに戻しても問題ありません。

良かった良かった。・・・ん?
じゃあ、何でWordとExcelはダメなの?ますます意味が分からない。

**** 2013.06.17 追記 ****

Wordの対策は見つかりました。→こちら

« 初めてStrutsに触れてみた | トップページ | やっと梅が咲き始めた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

大変参考になりました。
一括選択は必須の機能なのに廃止にするなんて…。

そうですよねぇ。
PowerPointには実装してるんだから、何とかできると思うのですが…
Windows版の2007や2010は「検索と選択」のリボンから使えるってのに。

仕方ないので、僕は原画つーか元の図形はPowerPointで作成してます。
僕の用途では、WordへコピペしてもWindowsのようには崩れないので、重宝してます。

自分は小売店の仕事をしてます。この機能がなくPOP作成でいつも
イライラしていました。本当に助かります。ありがとうございます!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/54497338

この記事へのトラックバック一覧です: Office: オブジェクトの選択ツールが見つからない:

« 初めてStrutsに触れてみた | トップページ | やっと梅が咲き始めた »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ