« 舞子でスキー滑ってきた | トップページ | 氷点下で走るとこんな感じ »

2012年1月24日 (火)

ミュンヘンのWG

ドイツ語の追っかけ学習も、ようやく昨年の8月号まで来ました。
今回は流すだけの"なんちゃって学習"。
次回以降のクールで再放送されると思ってるので、今はこれで良しとします。

さて、Lenaさんが"黒い森"地方でのファームスティから都会のミュンヘンへ移動。
ミュンヘンではWG(Wohngemeinschaft)と呼ばれる、シェアハウスでの生活模様がお題です。

WG(ヴェー・ゲー)は住居共同体なので、家賃は割り勘、家事は分担。
若者達の暮らしぶり楽しそうだなぁ・・・と、思いつつも、僕は微妙かも。
安上がりなのは良いけど、不潔な人とは生活できないし。タバコも嫌だし。
でも、合宿のような共同生活が平気なのは、期限が決まってるから。 ←むしろ好き。

WGは何度か他のクールでも紹介されてたけど、今回の家は良さそう。
勿論、部屋は個別。シェアする空間はダイニング・キッチン。トイレとバスは分からない。
水まわりが奇麗なら多少の事には目を瞑りましょう。

本編とは関係なく気になった事があります。
それは、共同生活者が晩ご飯にイタリア料理を作って食べてるトコなのですが・・・
いやー、なんだか食べ方が美しくないです。
さすがにパスタを啜る人は皆無ですが、食器とフォーク&スプーンの衝突音がすごい。
欧州の方々は皆、カチャカチャ音を立てたりしないと思ってました。
スプーンの使い方は日本人そっくりだったし。
テーブルマナーにうるさいのって、一部の国なんですかね?

それにしても、Oktoberfestの映像に心が躍ります。超行きたい!

« 舞子でスキー滑ってきた | トップページ | 氷点下で走るとこんな感じ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/53813743

この記事へのトラックバック一覧です: ミュンヘンのWG:

« 舞子でスキー滑ってきた | トップページ | 氷点下で走るとこんな感じ »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ