« Office: WMF形式が扱えない | トップページ | 小学三・四年生もついに休刊 »

2011年11月30日 (水)

サービスのベイパーウェアって?

コンピュータ業界にはベイパーウェア(vaporware)って言葉があります。
企画・開発中なのに販売宣伝をして、出荷できてないソフトウェアやハードウェアに対して使う言葉です。
vapor = 蒸気。つまり、実体がない事を指すのですが・・・

僕が知る限り、10年くらい前には良く使われてました。
製品概要を発表しても、開発を進める上で頓挫したり方向転換はありがちな事。
IT関連の技術は日進月歩(←この表現も見かけないなぁ・・・)なので、それが当たり前でした。

業界の関心がXaaSへ移行した頃から、ベイパーウェアって言葉を見かけなくなった気がします。
↑いや、業界用語なのでゼロじゃないですけど、ほんと減りました。
裏を返せばソフトウェア・ハードウェア共に安定してきた証なのかもしれません。

しかし、サービス指向でも「出す出す詐欺」「できます詐欺」チックなサービスは存在します。
大風呂敷を広げたのに、実は「一部の機能だけ」「オフライン版で」「将来実装予定」とか。

まぁ、詐欺は言い過ぎにしても、実体のないサービスに対して、ベイパーウェアのような言葉って何になるんでしょ?
ずっと探してるのですが、僕はまだ辿り着けてません。

« Office: WMF形式が扱えない | トップページ | 小学三・四年生もついに休刊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実はクラシックな言葉「予定は未定」ってヤツじゃないですかね。

うっ。そう来ましたか。
確かにその通り。先の事なんて誰にも分からないので「予定は未定」だよね。
でも、そのまんま言っちゃったら、身も蓋もないじゃんか〜(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/53371457

この記事へのトラックバック一覧です: サービスのベイパーウェアって?:

« Office: WMF形式が扱えない | トップページ | 小学三・四年生もついに休刊 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ