« 代打で忘年会参加 | トップページ | サービスのベイパーウェアって? »

2011年11月29日 (火)

Office: WMF形式が扱えない

Office for Mac 2011を利用して困った事。
過去にWindows版で作成したデータを開くと、一部の画像が正しく表示されません。
特に顕著なのは、PowerPointのスライド一覧の表示時。
縮小画像の描画が完全にストップします。

最初は互換性の問題だから、画像は諦めるしかないのかな・・・と思ってました。
よくよく調べてみると、表示が止まる画像データはWMF形式の画像ばかり。
これでは作業に支障をきたすので、WMF形式の画像は一旦削除する事にしました。

....

WMF(Windows Meta File)形式は、WindowsOSがAPIレベルで処理可能なベクトルデータ。
MacOSに解釈するAPIが無いのは当然として、MSはなぜ互換性を持ってくれなかったのかな。

図表の互換性は維持されているので、ベクトルデータが扱えないわけではないと。
WMF形式については、コンバーターで別形式に変換するしかないのか。
イラストレータならそのまま扱えるらしいけど、持ってないので無理ですわ。

でもそれは、WMF形式の元データがあればの話。
古いデータは古いWindows上で表示して、画面キャプチャでJPEG化して誤摩化すっかな。
ラスターデータになってしまうけど、CADじゃないので我慢しましょうか。

« 代打で忘年会参加 | トップページ | サービスのベイパーウェアって? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/53364473

この記事へのトラックバック一覧です: Office: WMF形式が扱えない:

« 代打で忘年会参加 | トップページ | サービスのベイパーウェアって? »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ