« 月末ギリギリで退職後の手続き完了 | トップページ | Office: Mac 2011のフォントは最初から »

2011年11月 1日 (火)

Office for Mac 2011を買ってきた

会社を辞めてから文書を作成する機会がありませんでした。
ブログやtweetはブラウザで済むので、考えてなかったというか・・・まぁ、とにかく。
今後のため、オフィススイートの導入も検討しなくては。

....

Macで動作するフリーのオフィススイート(LibreOffice, OpenOffice等)はあります。
しかし、Cocoaではなく、Xで動作するため、Macでは不満多いです。
Xが必要ならLinux系の方が親和性が高いので、僕はUbuntu/Kubuntuで利用してます。
Apple純正は・・・うーん。ノーコメント。

Windowsの世界では、つい最近までMicrosoftのOffice製品が業界標準でした。
オープン系の導入も進んでるものの、まだまだ少数です。
ここはやっぱりMicrosoft OfficeのMac版かな。
Windowsとの互換性も少しはマシでしょう。

Mac版Officeの公式サイト
なんか昔からMac版のサイトだけはカッコイイんだよなぁ。

ネット上ではいろいろ不具合報告がありますね。
僕が気になったのだけでも、
・Lionでは既知の不具合がある。
・起動が激しく遅い。
・フォントの種類が多いと展開が遅い。
・32bit版のみ。
・やはりWindows版のレイアウトは崩れる。特に行間。
・稀に落ちる。←SP1で直ったの直らないだの

いや、これくらい大した事ないです。
昔からオフィス系のソフトに不具合は付きもの。
この程度ならWindows版とそんなに変わりません。
むしろメリットの方が多い事が分かり、購入することにしました。

....

で、実際に購入して、Mac OS X 10.6.8にインストールしてみました。
インストールDVDは既にSP1対応済みです。

ネット情報でフォント系の不具合は気になったので、カスタマイズでチェックオフ。
使用権が無いのにインストールされるOutlookもチェックオフ。
後はそのままインストールを進めました。完了後はアップデートも自動実行されます。

早速、Word/PowerPoint/Excelを起動してみましたが、特に問題はありません。
Windows版で作成したdoc(x)/ppt(x)/xls(x)の各データファイルも問題なく読み込めます。
ただし、残念ながらレイアウトは崩れます。

フォントの崩れ方はWinXP/Vista→Win7に似てます。
例えば、VistaのOffice2007で作成したデータを、Win7のOffice2007で表示すると崩れるように。
大幅に崩れたレイアウトは、スタイル適応させればそれなりに見えるし。

僕の用途ではこれで十分です。
今は外部の業者とやり取りする機会はありませんので。

....

それにしてもMacのメニューバーは偉大です。
Office2007から導入された最悪のUIがまるで気になりません。
むしろ、メニューバーによる体系的な操作とリボンUIによる直感的な操作の相乗効果がスゴイ!

僕はOffce95以前からMS社のオフィス系アプリを利用してます。
今回初めてMac版を使用しましたが、Windowsを超えた過去最高の操作性では!?
エフェクトも無駄にカッコイイし。
MS社のダサ感がまったく無くて変な気分になります。

これがWindowsだと、どうしてあんなにも残念な感じになるのかな。

« 月末ギリギリで退職後の手続き完了 | トップページ | Office: Mac 2011のフォントは最初から »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/53139216

この記事へのトラックバック一覧です: Office for Mac 2011を買ってきた:

« 月末ギリギリで退職後の手続き完了 | トップページ | Office: Mac 2011のフォントは最初から »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ