« 人生の転換期 | トップページ | 正式に辞表を出しました »

2011年10月12日 (水)

VirtualBoxを導入してみた

先日、Mac miniのメモリを増設しました。
残念ながら、僕が利用するソフトウェアでは、8GBどころか4GBも消費してくれません。

そこで思いついたのが、仮想マシンを導入する事です。
仮想マシンはとても便利なのですが、Mac miniの熱や本来の動作に影響が出てしまうことが心配です。
WindowsにVMwareをインストールしただけでホストOSの動作が遅くなって困った事があります。

しかし、仮想マシンであれば、MacキーボードによるUbuntu/Kubuntuの使用感を試せます。
開発環境を減らすには良い機会です。

MacではBootCampやParallels Desktop等、Windowsより豊富な仮想環境があります。
一方のLinuxの仮想マシンといえばVirtualBox。SunがOracleに買収されるまで利用してた仮想環境です。

当時のVDIはそのまま残してあるのですが、4年前の物なのでハードウェアの差異は吸収してくれるのでしょうか?
また、Lionは64bit環境ですが、フリーの仮想環境に64bitなゲストOSをインストールできるのでしょうか?

しばらく仮想環境を利用してなかったので、知識が乏しく判断できません。
そんな訳で、既存環境の移行と64bitOSのテストを兼ねて、今回はOracle買収後のVirtualBoxを導入する事にしました。

....

結果は期待通りOKでした。
Linux→MacOSX Lionなので、それなりに作業は必要ですが、問題はありません。

さて、それではレポを…と言いたいところですが、今は止めておきます。
Ubuntu11.10がリリース間近なので、こちらをインストールしたら改めて報告したいと思います。

« 人生の転換期 | トップページ | 正式に辞表を出しました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/52977064

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBoxを導入してみた:

« 人生の転換期 | トップページ | 正式に辞表を出しました »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ