« FireWire800のHDDを2.5インチにしてみた | トップページ | きのこ三昧と季節外れの食卓 »

2011年10月29日 (土)

退職のご挨拶をしてきました

10/26(水)の午前中に、最もお世話になったお客様のところへ行ってきました。
このお客様を仮にS社とします。

退職した身なので、本来このような関わりはルール違反かもしれません。
しかし、12年にも渡るお付合いをしていたのに、たった一本の電話で済ます事はできません。
どうしてもS社の皆様に直接お会いして、ご挨拶しておきたかったのです。

....

S社のシステムは、僕が初めて一人で手掛けた工程管理システム。
前職で上司に叩き込まれた事を念頭に置いて、全力で取り組んだものです。

限られた予算内で機能の取捨選択や優先順位の決定など、システム構築でよくある問題もありました。
しかし、S社の万全の協力もあって、順調に稼働させる事ができました。
現在でも、ほとんどトラブル無く稼働してます。
これはシステムの優劣ではなく、S社の資質が高いからこその結果です。

....

生産系の受託開発では、到底実現できない夢システムを期待される案件があります。
しかし、理論(理屈)上は正しくても、運用する人の事まで配慮されておらず、
原始データが集められないシステムは破綻します。
「やってみなければ分からない!」と主張され、じゃあ誰が入力するのですか?と問えば、
「いや、それは現場が」「事務員が」「俺じゃない」「絶対やらせるから」とか。

このような場合は、システム構築以前の問題なので、こちらから断らせていただきます。
そんな他人事みたいに言う企業に協力するつもりはありません。

....

そんな考えを持つ僕ですが、S社だけは最初から違ってました。
既に必要とする「社内の」データが明確になっていた事に驚きました。
経営者・管理者・事務・現場・営業等それぞれの立場で主張し合い、話が進まない事なんてありません。
システム化では、その連携や流れをもっと効率良くしたいと言う、明確な意図が伝わってきます。
それなら僕が出し惜しみする必要はありません。ただ、全力で取り組むだけです。

納期が厳しかったので、残業や休日出勤はすごい事になりましたが、それも良い思い出です。
そんなのは別にどうでも良いと思えるくらい充実してたし、勉強になりました。
特に奥様からは多くの金言を戴きました。

とても本当に感謝しております。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

« FireWire800のHDDを2.5インチにしてみた | トップページ | きのこ三昧と季節外れの食卓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564846/53111277

この記事へのトラックバック一覧です: 退職のご挨拶をしてきました:

« FireWire800のHDDを2.5インチにしてみた | トップページ | きのこ三昧と季節外れの食卓 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ