« 近所の書店が新しい建物に移った | トップページ | Mac mini初分解 »

2011年9月17日 (土)

Mac miniのHDD換装の前に

本日、ようやくMac mini本体の内蔵HDDを換装しました。

7/22、WD5000BEVTを購入したものの、工具が足りず延期。
そして8/2、T6,T8トルクスドライバーを購入したものの、HDD特性が合わず一度は断念。
さらに8/20、HGSTの5K750-500(HTS547550A9E384)を購入し、Lion化の準備は整ってたのですが…

FW800やUSB2.0の外付けHDDの評価を優先してたので、ずいぶん後回しになりましたね。
僕も随分Macに慣れたので、今回はunix機としてではなくMacっぽく移行してみよう。
ターミナルは使用せず、Macの標準ツールだけでやってみます。

....

まず換装前にする事といえば、新HDDへの移行が失敗しても完全に元に戻せる準備です。

1.Time Machineでの現状のバックアップ

FW800のTime Machine環境を解放してしまったので、改めてTime Machine環境をUSB2.0に構築します。
まぁ、これは簡単に設定できます。
USB2.0のHDDを接続すると、ダイアログが表示されるので、それに従って進めばいいのです。
初回のバックアップには2時間かかりました。 ←長いなぁ…

2.HDDイメージのバックアップ

僕はすでにFW800接続のHDDにLionをインストールしてあります。
SnowLeopardでもLionでも別HDDからOSを起動した状態であれば、内蔵HDDをまるっとコピーするのは簡単です。
なので「Macintosh HD」そのものを仮想ディスクにコピーする事にしました。

Lion起動後、ディスクユーティリティを起動します。
メニューから「ファイル」-「新規」-「空のディスクイメージ...」と選んでいきます。
で、こんな感じで設定してみました。

Imagecreate

名前も保存先も適当でいいです。
サイズは新しいHDD容量に合わせました。
パーティションはGUID、イメージフォーマットは「スパースバンドル・ディスクイメージ」です。
スパースバンドル・ディスクイメージは仮想ディスクなので、実サイズは使用量分になります。

ここで、作成した仮想ディスクに対し、ディスクユーティリティの復元を使ってHDD to HDDのコピーを実行します。

そして、この作業にも2時間かかりました。 ←長いわぁ…

« 近所の書店が新しい建物に移った | トップページ | Mac mini初分解 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ