« Mac miniのHDD換装の前に | トップページ | Mac miniのHDD換装完了! »

2011年9月17日 (土)

Mac mini初分解

バックアップの準備ができたので、 ←この時点で15:00。午前中からやってるのに…
いよいよMac miniの分解作業に入ります。

昨年の9/9に購入したので、Apple Careも期限切れ。時期的にもピッタリかなと。

....

分解に関する記事について。以前にブログ内で紹介しました。
その後、MC270J/Aに関して、とても参考になるサイトを見つけました。
korukoru2さんのMac mini Mid 2010の到着と分解と改造. です。

まさにこの記事通りの分解作業になるので、僕が補足することはそんなにありません。
一応、思った事だけ載せておきます。

1.使用工具

・T6トルクスドライバー
・T8トルクスドライバー
・2mm六角レンチ
・ラジオペンチorピンセット
・カッター

2.分解

・蓋を開けた後、六角レンチで外すのは上の2つだけでOK。
・T9と書いてある所はT6で。
・ファンの撤去は完全でなくても良い。僕はコネクタ繋いだまま少々ずらし。
・左側のプラスチックカバーは必ず撤去。
・アミはWiFiのアンテナ付き。本体側のコネクタを外さないと後述の作業が難しい。ラジペンで。
・HDDは諦めなければ必ず抜ける。ただし、優しく丁寧に慎重に。センサーに気をつけて。
・あ、HDD抜く前に、左側の黒いフラットケーブルのコネクタは抜く事。勝手に取れて焦った。
・HDDが取り出せても安心してはダメ。センサーのケーブルが短いので取り回しは慎重に。
・HDDを覆ってる黒い被覆とシールはきれいに剥がす事。
・HDDの右側のセンサーはカッターで剥がさないと取れない。
・黒いシールを剥がさないとSATA端子のコネクタが抜けない。

3.HDD交換と組立

・HDDの側面に付いてるT8穴の二つのボルト。これ付け忘れるともう大変。
・HDDの黒い被覆とシールを元に戻す際、センサーの付け忘れとリード線の短さに注意。
・HDDを押し込む際、メモリモジュールに注意。
・組立は逆順でOK。ただし、アミを付ける前にWiFiのアンテナ端子に注意。巻き込むと切れる。
・アミを止めるネジはHDDの固定と振動防止も兼ねる。何度か閉め直して、パッキンの位置をなじませる。

まぁ、こんな所です。
それにしても、この手順は分解量が少なくていいのですが、誰にでも奨められる方法じゃないです。
僕はHDDの取り出しだけで、15分くらい悩みました。
それに、被覆とシールとセンサーの剥ぎ取りはとても繊細な作業になります。

同様の作業をされる予定の方々、本当に優しく・丁寧に・慎重に作業してください。

« Mac miniのHDD換装の前に | トップページ | Mac miniのHDD換装完了! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ