« 夏バテ東京バテ移動バテ | トップページ | テーマは玩具(Toys) »

2011年8月 9日 (火)

Ubuntu11.04からKubuntu11.04へ

正直に言うと、Ubuntu11.04のUIはキライです。
使えない事はないけど、馴染めませんでした。

今はカジュアル・ユース用にMac miniがあるので、アプリ利用や開発には十分です。
全部Cocoaならいいのに、一部のアプリがXベースで、シームレスでないところだけは、たまにイラっとします。

自作PCの場合、OSや環境は自由です。
カジュアル・ユースでなければ、FreeBSDでEnlightmentな環境で好き勝手したいのですが、自己満足のままでは世間で通用しません。
だからこそ、UbuntuやCentOSやopenSUSEのようなLinuxディストリを利用してるのですが、今のUbuntuはタッチオペレーションなエンドユーザ指向のようで、どうも感覚と合いません。

ふと、Kubuntu10.10の完成度の高さを思い出し、Ubuntu11.04から切り替えてみました。

....

インストールや切替方法はあちこちのサイトにあるので省略して、結果だけ言えば、とても良い。
AndroidSDKをインストールしても違和感ない。
カジュアル・ユースとしてはカッコイイけど操作が少々面倒。で、一部英語のまま。
だけど、開発用途なら問題ない。これなら常用できるかも。

今のところ、Ubuntu10.04LTSの環境がベストですが、今後の進化に追従するならリミットは後1年。
もし、開発色を強めるなら、個人的にはQtを使いたいので、Kubuntuに慣れておくと良い事あるかも。

« 夏バテ東京バテ移動バテ | トップページ | テーマは玩具(Toys) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ