« WWDC2011開催 | トップページ | ピザのマナー »

2011年6月 7日 (火)

明日はWorld IPv6 Day

これでやっと、IPv6の一般向け展開が少しは進みますか。

IPv4が枯渇って言われても、一般ユーザには何のことやら?だったし。
いや、その反応は正常なので問題ないのです。
むしろ、僕らネットワークに関わる一部の人々がやきもきしてただけです。

移行するなら早くロードマップと必要な事項を提示してくれと。

....

固定IPv4で接続するサービスを利用していても、IPv6接続はオプションで別途費用が発生します。
そんな予算は組んでもらえません。

ローカル環境のIPv6接続はできて当たり前。
構内ルータ用意してPPのテストしても意味ないし。
BIND9でAAAAレコード記述しても、外部から引いてもらえないとテストにならない。
くっ。

IPv4-IPv6変換やDNSサーバの構築テストに協力するくらいはできたのに。
時間と予算は微妙だけど。

....

何にしても、明日GMT+9:00からIPv6の世界レベルの試験が行われる。
IPv6に直接関われるのは、(僕から見ると)恵まれた一部の企業や人々。←苦労してる人々ゴメンなさい。
IPv6の中の人が何とかしてくれるなら、その環境を享受するのもまた一興。

何れにせよIPv6普及が進むなら、それはそれで感慨深いなぁ・・・

« WWDC2011開催 | トップページ | ピザのマナー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ