« 緑恐竜 | トップページ | 同僚がケータイをスマホに変えた »

2011年5月24日 (火)

Excelで整数除算

プログラムを書いてると整数の除算で、商と余りが必要なことがあります。
オフセット値やチェックデジット等、特定のルールに従って値を求めるのによく使います。

17÷3 は、5.666666…

のような実数ではなく、

17÷3 は、商 5、余り 2。

プログラミング言語では、演算子や関数が用意されているので、特に困ることはありません。
で、これをExcelでやってみようと。

Excelには専用の演算子はないので、QUOTIENT関数とMOD関数を使います。

17÷3 の演算の場合、
商は、QUOTIENT(17, 3)。結果は、5。
余りは、MOD(17, 3)。結果は、2。

MOD関数はすぐに見つけたのですが、QUOTIENT関数は気づきませんでした。
そういえば、商をアルファベット1文字で表すとQでしたね。

« 緑恐竜 | トップページ | 同僚がケータイをスマホに変えた »

仕事部屋」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ