« エアフローのために | トップページ | スライスチーズが残ってた »

2010年10月 8日 (金)

RTX1000に優先制御を設定してみた

今週の月曜から、RTX1000+VG400aの構成でデータ系と音声系を分離しました。
結果は上々・・・って言いたいところですが、残念ながら多少の不具合がありました。

通話のタイミングによって、ノイズが酷かったり、エコーがかかったり、、、
品質の悪いVoIPにありがちな状態が稀に発生するようです。

VG400a単独では音声系の問題は無かったので、試しにRTX1000のQoS機能を使ってみることにしました。
YAMAHAのサイトによると、「帯域制限設定値に近いスループットを実現できるのは、最大約30Mbit/sです。」との事。
元々、VG400aのスループットが約14Mbpsなので、支障はないでしょう。

優先制御と帯域制御があるのですが、今回は一番軽い優先制御を使ってみました。

pp select 1
queue pp type priority
queue class filter 1 4 ip (VG400aのWAN側のStaticIPアドレス) * * * *
queue pp class filter list 1
pp enable 1

てな感じで、マニュアルに書いてある通りに設定。
VG400aへのパケットを優先度4で転送します。

....

月曜の昼に設定してから、多少エコーや無音状態が一瞬入るものの、通話には問題ないようです。
もうしばらく、このまま様子見します。

« エアフローのために | トップページ | スライスチーズが残ってた »

仕事部屋」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ