« Macでドイツ語入力できた | トップページ | 「愛は胃袋を通って」 »

2010年10月14日 (木)

「かな入力」じゃダメなんですか?

ドイツ語のウムラウト入力がダメな件について原因が判明しました。
JISキーボードのせいではありません。
「U.S」モードにチェックが付いてないからでもありません。

ことえりで「かな入力」になっていると、[option]+[U]が誤動作するようです。
ローマ字入力では[option]+[U]の後に[A][U][O]をタイプすれば、期待通り動作します。
これって「仕様」ですか?「バグ」ですか?

Appleさんへ
かな入力の人間でも外国語を扱う場合があるので、この動作は改善していただきたい。

....

僕は「コンピュータ」と入力するのに「konpyu-ta」とタイプするのは嫌です。
[ぢゃぢゃぢゃ]と入力するのに「dyadyadya」とタイプするのも嫌です。
仮名文字と濁点・半濁点の直接入力でいいじゃないですか。
トータルのタイプ数もずっと少ないと思いますが。

僕がローマ字入力を使う上で唯一具合良いのは、横書き文書で句読点をカンマ・ピリオドにする時くらいでしょうか。

まぁ、とにかく、「かな入力」モードに現在の不具合があっても、このまま使います。
[command]キーを押しながら[space]を2回タイプすれば、モード変更ウィンドウが表示されます。
これで、サクッと切替できることも覚えましたし。

やっぱり、ATOK買った方がいいのかな。

« Macでドイツ語入力できた | トップページ | 「愛は胃袋を通って」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ