« 夏対策で鎌ANGLE | トップページ | 東向島のおもひで »

2010年10月19日 (火)

夏対策でもうひと手間

CPU・VGA共に冷却性は十分確保したのですが、少し心配な点がありました。
リアファンによる排熱がまだ足りず、2時間くらい使用すると熱がこもったままになります。
それでも、CPU・VGAのファンが爆音になる程ではないのです。

いろいろ調べて試行錯誤してるときに、ふと気づきました。
ケースのフロント部・HDDレーンのフィルターを外してると、明らかにエアフローが確保されます。
手をかざすと空気の吸い込む量が全然違います。

僕の環境では、フロントファンを付けなくても、フィルターがなければ吸気量は十分のようです。
でも、埃に対して無防備というのも何なので、フィルターを改造することにしました。

Nec_0013

写真左はフィルターの枠です。
元々、細かい穴が開いているプラスチック板が貼付けてあったのを無理矢理剥がしました。
※フィルターの枠が割れる恐れがあるので、あまりお勧めしません。

で、写真右のメッシュをフィルターの代りに装着するわけです。
このメッシュは100円ショップで購入した「A5メッシュフリーケース」をハサミで切ったものです。

高性能CPU・高性能ビデオカードを使用するならフロントファンは必須なのでしょうが、僕の環境はこれで十分でした。

最終的な構成はこんな感じです。

Nec_0008

Accelero L2 Pro付きのN9600GTが幅を利かせてます。
PCIとPCIEx1がそれぞれ1スロットだけ使えます。 ←でも、使う気になれない。狭いよ。

« 夏対策で鎌ANGLE | トップページ | 東向島のおもひで »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ