« 「かな入力」じゃダメなんですか? | トップページ | 「食べ物は人を表す」 »

2010年10月15日 (金)

「愛は胃袋を通って」

Liebe geht durch den Magen.

ドイツのことわざ(Deutsche Sprichwöter)だそうです。
↑ドイツ語の文書をそのままググるとおいしそうなサイトがいろいろ表示されますよ。
↑ドイツ語知らなくても、Google画像に切り替えると幸せな画像が溢れてますよ。

でも、この日本語訳とかを調べると、
・「料理上手に人は惚れる」
・「料理の上手な人はすぐに親しまれる」
・「旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅する」
・「愛情のこもった美味しい料理があれば、夫は浮気や寄り道もせずに早く帰ってくる」
ぎゃあ、何でそんな身も蓋もない・・・

・「愛は胃袋を通して育まれる」
・「愛は胃袋を通じて表される」

この言葉って、料理上手な女性が男性を惹き付ける事"だけ"に由来してるの?
本当かなぁ。

一番大事な言葉は文章の最後に持ってくる、というドイツ語的な発想なら確かに「胃袋」が一番のテーマなんでしょうけど。

僕はこのことわざを聞いた時、日本人のニュアンス的には「食育」かなと。
豊かな食生活(飽食じゃないよ)で温かい家庭が築かれる。
それが子供の人格を育てる。
くらいに感じたのですが、僕だけ?

....

それにしても、シュニッツェルとかアイスバインとかドイツ料理・オーストリア料理はおいしそうなのが多いですよね〜。
イタリア料理もだけど。
※もう忘れない。カプレーゼ!!

« 「かな入力」じゃダメなんですか? | トップページ | 「食べ物は人を表す」 »

学問・資格」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ