« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の33件の記事

2010年10月29日 (金)

尋ね、尋ねられ

「すんませーん」が、Entschuldigung!

「どーいたしまして」が、Kein Problem! ←へ〜。無問題が、You're welcome!なんだ〜

「わかんねーわ」「しらね」が、Keine Ahnung.
die Ahnungが予感で、その否定形が分からないって意味になるそうです。
なるほど。

....

ちなみに「ごめんなさい」が、Entschuldigen Sie bitte.
千秋がエリーゼを呼び止めた時の台詞は↑だったけど、Entschuldigung!の方が適切なのかな。

Ubuntu10.10を導入してみた

サブPCにUbuntu 10.10 の日本語Remixをインストールしてみました。
仮インストールなので、i386版で様子見です。

さてさて、困りました。全くトラブルがなく拍子抜けです。

10.04でGRUB2に変わった時は、いろいろ大変だったけど、今回は問題ないです。
何と言ってもレスポンスが速い!まさにキビキビ!
フォントが美しくなったのは知ってたけど、日本語フォントもなかなか美しくなりました。

常用するのはメインPCのUbuntu10.04LTSなので、今のところは置き換える動機にはなってません。
それでも、変化を見つつ、環境を整えようと思ってます。

....

常用はメインPCのつもりでしたが、静音性(てか、無音かも)に優れ過ぎたMac miniを使ってると、僕の用途で他のPCの必要性は減ってきてます。

AirMacでコンポに音楽を送ると、「音楽」だけがコンポで再生されます。 ←当然!
でも、PCだと起動音やエラー音までコンポで鳴ってしまいます。 ←問題外!
音楽鑑賞・DVD観賞・ネット・メール・プログラミングの一部はMac miniで十分になりました。
少ないけど、残りの作業はメインPCで賄えます。

これで、サブPCは実験機に戻ることになりました。
しかし、今の仕事を続けるとすれば、そろそろWindows7の常用も視野に入れねば・・・
あぁ、使いたくないよ〜

2010年10月27日 (水)

寮がないっっっ!

ぎゃ〜。なんだよ、もぉ〜。

....

最近、東京で暮らしてた寮の周辺をテレビで目にする機会が多いです。
おかげで、当時を思い出し、望郷ならぬ望京の念にかられます。

田舎と違い、東京はGoogleのストリートビューが有効なのを思い出し、バーチャル散策を試みました。

さてさて、東向島は・・・と。
東武の線路を越えて百花園を過ぎて・・・と。

そうそう。通学路が確保された歩道あったなぁ。
いやー、懐かしいわ。

で、ここに寮が・・・ん?アレ???
ないぞ?

ええええええええっ。
無くなっちゃったのかいっ!

....

ショック・・・
わーん。見なきゃよかった。。。

左・右・まっすぐ!

wo ist 〜 で場所を聞けば、そりゃドイツ語で案内してくれる訳で。
links und rechts で左と右。
そして、geradeausがまっすぐ。

基本的な単語なんだけど、覚えてなかった。
なぜ、geradeausだけ記憶にないのだろう・・・

当時の僕は、猪突猛進の如く、何か興味を持ったらそれに打ち込んでたはず。
こんな単語知ってたら、喜んで使ってるのになぁ。

2010年10月24日 (日)

iLife11発表

どのくらいiLifeを使ってるかというと、iPhotoを少々利用してるくらいで、そんなにヘビーには使ってません。

ただ、
2010.10.01〜2010.10.19に購入したユーザには¥680で提供。
2010.10.20以降、添付されていないユーザにも¥680で提供。
それ以外は¥4,800です。

特に買う予定はないのですが、なんか納得いかない。

....

Mac miniを買って一ヶ月くらい経ちました。
PBG4と比較して使用機会が格段に増え、快適にMacを利用してます。

期待以上に良かったところ:
・TimeMachineによるバックアップ。
・FW800なHDDのマウント・アンマウント。
・option+command+EJECTの一発スリープ。
・MagicTrackPadの操作性。
・国際性。
・旧機種から移行の容易さ。

いまいちなところ:
・11nがPC系より遅い。
・HDMI出力でLCDを見失うことがある。
・DVI-D変換では正常だが、稀に画面が共振するようになる。
あとは、想定通りというか、納得できる範疇にあります。
※でも「かな入力」時ウムラウト入力は修正してね。

なので、来年の夏にMac OS X Lionが登場しますが、64bit化の進み具合では購入するつもりです。
完全64bit化するならiLifeも64bit版のみLionに標準添付されるとか。

それなら納得する。てか、早くそうしてください。

セイコー時計資料館

先日、東向島のことが紹介されて懐かしんでたら、またまた遭遇しました。
今度は「セイコー時計資料館」です。

今日は寒くて、午前中は毛布にくるまりながらテレビをまったり観てました。
ブリューゲルの作品等を説明してた番組をぼけ〜っと・・・
雪中の狩人とかより、どうせならバベルの塔の解説をしておくれ。
↑IPAの教育用画像素材集にあったけど、なんでよ?

まぁ、そんな感じでまったりしてたら、いつもの機械式時計の番組が始まりました。
冒頭、小川瀬里奈さんが散策してるシーンで、ふと。
アレ?金曜日と同じ様な風景が・・・あ、墨堤通りだ。東向島3-9って。
「レストラン タカヤマ」と同じ通りじゃんか。

またですか!またご近所さんですか!!
これは「そろそろ東京に戻れ」という何かの暗示なのでしょうか。。。

そしてホームベージもきちんとしたのがある。
なんで気づかなかったんだろう・・・

....

気づかないのも無理ないです。
だって、休日は閉館してるんだもの。
開館してたとしても、当時の僕はそれに間に合うような生活してなかったし。

あぁ〜、久しぶりに行きたいなぁ。。。東京へ。

2010年10月23日 (土)

久々のラーメン大盛り

今日のお昼は、休出メンバーで「らーめん潤」に行きました。
ラーメンを外食するのは滅多に無いのですが、今日はSE課長のリクエストです。
そもそも僕は外食の場合、ラーメンよりパスタ(てか洋食)派なので、自分からラーメン屋さんには行きません。
なので、会社のメンバーとの外食は貴重なラーメンチャンスなのです。

....

いやー、食券買うのは久しぶりですねぇ。
小銭小銭・・・と。

エロ紳士はサクッと岩のりラーメンをチョイス。
SE課長は優柔不断ぶりを発揮しつつも味噌大盛り。
僕はライスが欲しかったけど、ランチがないのでノリで「味噌大盛り」で。

あれ?燕三条系のラーメンもおいしいかも。
てか、この大盛り、思ったより量多いよ~

エロ紳士はペロリと爽やかに完食。
SE課長も汗をかきかき完食。
僕は・・・ふぅ。何、、、とか完食。

だけど、消化が間に合わないよ。
普通盛りにすればよかった。てか、少盛りはないの?

....

味の感想はなかなか複雑な味でよかったです。
そもそも僕は薄味派なので、濃い目の味の良さはうまく表現できません。

それでも、味噌のスープと背脂と太麺の感じは具合良いので、野菜との相性もOKなのは解ります。
辛子味噌いい感じにしてくれてますね。
後味に残るショウガやバターの風味もいいですね。
もう少し寒くなったら、また食べたいです。 ←もちろん普通盛りで!

....

食後、会社に戻って席に着きましたが、お腹いっぱいで座ってられません。( ̄Д ̄;
てか、思考力ゼロです。
SE課長は「あと半玉は食える」とか言ってるし。ううう。

腹ごなしに会社の周りを散歩しましたが、まだまだ・・・結局、晩ご飯いらずでした。
まぁ、その代わりというか、塩辛さにノドとシタが麻痺して色々と飲みまくりです。
はぁ。。。

東向島のおもひで

昨日テレビを観てたら、やたら見覚えのある風景が。
変わらないなぁ・・・
16年前に住んでた東向島の景色がそのままです。

....

僕が住んでたのは東向島の百花園の近くでした。
今でこそスカイツリーで盛り上がる墨田区押上近郊ですが、閑静で良いところでしたよ。
でも、寮生活なのに仕事の都合で寮のゴハンを食せない、という何もとストレスの溜まる生活をした所でもあります。

そんな生活してるとゴハンは会社の社食or外食になるわけで。
※当時の東京はコンビニ少なかったです。それでも地方は多すぎ。

で、食べる所を探して、近所を巡るといつも行列のお店がありました。
それが、「レストラン タカヤマ」です。
肉バカのランキングでは墨田区2位でしたね。

ここは、いつも混んでて入れませんでした。本当に残念です。
結局、寮生活の間、一度も味わえなかったのが悔やまれます。
年に一回は車で東京に行きますが、それでも入れたことがないのです。

菊川にDinksな後輩夫婦が住んでるので、チャンスがあったら予約してもらって、ご一緒したいところですわ。

2010年10月19日 (火)

夏対策でもうひと手間

CPU・VGA共に冷却性は十分確保したのですが、少し心配な点がありました。
リアファンによる排熱がまだ足りず、2時間くらい使用すると熱がこもったままになります。
それでも、CPU・VGAのファンが爆音になる程ではないのです。

いろいろ調べて試行錯誤してるときに、ふと気づきました。
ケースのフロント部・HDDレーンのフィルターを外してると、明らかにエアフローが確保されます。
手をかざすと空気の吸い込む量が全然違います。

僕の環境では、フロントファンを付けなくても、フィルターがなければ吸気量は十分のようです。
でも、埃に対して無防備というのも何なので、フィルターを改造することにしました。

Nec_0013

写真左はフィルターの枠です。
元々、細かい穴が開いているプラスチック板が貼付けてあったのを無理矢理剥がしました。
※フィルターの枠が割れる恐れがあるので、あまりお勧めしません。

で、写真右のメッシュをフィルターの代りに装着するわけです。
このメッシュは100円ショップで購入した「A5メッシュフリーケース」をハサミで切ったものです。

高性能CPU・高性能ビデオカードを使用するならフロントファンは必須なのでしょうが、僕の環境はこれで十分でした。

最終的な構成はこんな感じです。

Nec_0008

Accelero L2 Pro付きのN9600GTが幅を利かせてます。
PCIとPCIEx1がそれぞれ1スロットだけ使えます。 ←でも、使う気になれない。狭いよ。

2010年10月18日 (月)

夏対策で鎌ANGLE

Accelero L2 Proの静音性・冷却性に感動しつつも、季節は夏真っ盛りへ。
気温の上昇と共に、CPUクーラーが気になりました。

静音スパイラルにハマりつつあるような・・・
のは自覚してたけど、今年の最後のPCパーツ購入という事で大型CPUクーラーが欲しくなりました。

当時のメインPCのCPUクーラーは、SCSMZ-1100でした。
成り行きでメインPCからサブPCへケース・電源ユニット・VGAを移行したので、ここはCPUクーラーも移行するべきかなと。

SOLOの構造上、サイドフロー型のCPUクーラーが望ましいようです。
しかし、田舎にはSOLOにジャストフィットするCPUクーラーは売ってませんでした。
最悪、クリアファイルを切ってダクト作ってもいいか、と覚悟を決めて、Scytheの鎌ANGLEを購入しました。

Nec_0007

この写真は、M4A87TD EVOで装着した状態です。
リアファンとの間に余裕があります。
GA-MA790XT-UD4P場合は、もう少し間隔が狭いです。

換装結果として、静音性はネットにある通り、付属CPUファンの音が少々気になります。
しかし、冷却性は申し分ありません。
クーラーをつけない部屋でもなんとかなりました。

2010年10月17日 (日)

Accelero L2 Proはスゴかった

N9600GTの爆音に憤慨した僕は、速攻で「Accelero L2 Pro」を購入。
Accelero L2 Proのが占めるスロットは2.5。つまり、3スロットも使用できません。
これでダメなら、もう自作いいや。。。

そして、換装した結果がこれです。
Nec_0005

いやー、情報通りデカイですね。横から見るとこんな感じ。

Nec_0006

ホントに情報通りです。

一応チップも確認。「G94-300-B1」ですか。
55nmプロセスなら何でもいいです。補助電源無しじゃなくても。

そして、取り付けて電源ON!

アレ( ̄ー ̄っ、、、音がしない。。。
てか、聞こえない。わぉ、マジですか!すげぇ!!
なんか、ファンレスにこだわった自分が微妙に・・・

....

やっと、報われた〜。

。。。ん〜、今度はCPUファンの音がうるさく聞こえる。。。

ヤバイ。
静音スパイラルに突入してしまった・・・のか?

今更だけど9600GT登場

電源ユニットの無実が判明した翌日。VGAをどうするか考えました。

ファンレスULTIMATE HD4670を使うと、今の構成では満足できない。
X環境でRADEON系を使う事の大変さを考えると、ここはGeforce。
どうせ購入するなら性能は落としたくない。でも静音・省電力も重視したい。

そんな僕にはECS N(R)9800GTE-512MX-F がベスト!
と思ったけど、通販サイトは完売状態。 
↑最近、長岡のHARDOFFで見つけた。¥5,000くらいだったら買ってたかも。。。

仕方ない。
適当なGT240でも買って、うるさかったらAccelero L2 Proに換装しようかな。
そんな時、「MSI Geforce N9600GT」の処分価格¥5,980発見!
これは買いでしょう! ←人によりますが、当時の僕はそう思いました。
補助pin付きだけど、9800の下位モデルだから大丈夫だろう。 ←バカですね。

ルンルン気分で、家に戻り、即換装。
おぉ、補助pin初めてつかう。
よしっ、電源ON!

ヴオオオオオオオオオオオオオ
( ゜Д゜) ←今まで聞いたことのない爆音に意識が・・・

....

ちくしょー、こんなもん使えるかっっっ。
もうヤケだ!Accelero L2 Pro買ってやる!!

電源ユニットを疑ってみた

RDT232WLMを購入してからメインPCはいいけど、サブPCはダメなまま。そんな6月下旬。
月日はあっと言う間に過ぎていきした。

健康診断のため、トレーニングのペースを上げる必要があり、放ったらかしの状態。
↑おかげさまで今年は健康そのものです。肥満度以外は…
なんとか、健康診断を乗り切って、ようやく家でPCを触れる状態になりました。
気づいたら7月下旬。約1ヶ月間も触ってなかったのか。。。PCイラナクネ?

....

とりあえず、サブPCとワイドLCDで画面が波打つ件を解決するために仮説を立てました。
・電源ユニットが悪い。P3世代のATX電源を無理矢理使ってるから?
・VGAの性能限界。AMD690Gだから?

現在、サブPCのケースは元々メインPCのものだったし、NeoPower430で安定動作してた。
なら、ケースを買い替えたけど、ダメ元で電源ユニットも購入してしまおう!
EPS8pinを持つ電源ユニットなら損はしない!!

というわけで、TP550APをメインPC用に購入。 ←それならSOLOと同時購入の方が・・・バカ者
NeoPower430をサブPCに回して、再構成。

メインPC電源ON! → よし。問題ない!
サブPC電源ON! → ・・・・・・・( ̄ー ̄っ

ウニョ〜〜〜〜〜ン
ウニョ〜〜〜〜〜ン
ウニョ〜〜〜〜〜ン

さて、次はVGAか・・・

「食べ物は人を表す」

Du dist, was du isst.

これもドイツ語のことわざだそうです。
・「お前はお前が食べるものだ。」
・「あなたは、あなたの食べた物からできている。」

まぁ、確かにそのままの意味ですね。
人間は食べた物から栄養を摂取して、約60兆個の細胞を維持するわけで。
※ちなみに、一日で死滅する細胞は約3000億個。約200日で細胞が置き換わるそうです。

....

僕は、豊かな食生活は豊かな人間を形成する、事の喩えだと感じました。

高級なものを食べると高級な人間になるとかそんな事ではなく。
健康な精神は、健康な肉体から始まる。
健康な肉体は、食べる事から始まる。
そのためにも、食べ物には気を配りたいものです。

2010年10月15日 (金)

「愛は胃袋を通って」

Liebe geht durch den Magen.

ドイツのことわざ(Deutsche Sprichwöter)だそうです。
↑ドイツ語の文書をそのままググるとおいしそうなサイトがいろいろ表示されますよ。
↑ドイツ語知らなくても、Google画像に切り替えると幸せな画像が溢れてますよ。

でも、この日本語訳とかを調べると、
・「料理上手に人は惚れる」
・「料理の上手な人はすぐに親しまれる」
・「旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅する」
・「愛情のこもった美味しい料理があれば、夫は浮気や寄り道もせずに早く帰ってくる」
ぎゃあ、何でそんな身も蓋もない・・・

・「愛は胃袋を通して育まれる」
・「愛は胃袋を通じて表される」

この言葉って、料理上手な女性が男性を惹き付ける事"だけ"に由来してるの?
本当かなぁ。

一番大事な言葉は文章の最後に持ってくる、というドイツ語的な発想なら確かに「胃袋」が一番のテーマなんでしょうけど。

僕はこのことわざを聞いた時、日本人のニュアンス的には「食育」かなと。
豊かな食生活(飽食じゃないよ)で温かい家庭が築かれる。
それが子供の人格を育てる。
くらいに感じたのですが、僕だけ?

....

それにしても、シュニッツェルとかアイスバインとかドイツ料理・オーストリア料理はおいしそうなのが多いですよね〜。
イタリア料理もだけど。
※もう忘れない。カプレーゼ!!

2010年10月14日 (木)

「かな入力」じゃダメなんですか?

ドイツ語のウムラウト入力がダメな件について原因が判明しました。
JISキーボードのせいではありません。
「U.S」モードにチェックが付いてないからでもありません。

ことえりで「かな入力」になっていると、[option]+[U]が誤動作するようです。
ローマ字入力では[option]+[U]の後に[A][U][O]をタイプすれば、期待通り動作します。
これって「仕様」ですか?「バグ」ですか?

Appleさんへ
かな入力の人間でも外国語を扱う場合があるので、この動作は改善していただきたい。

....

僕は「コンピュータ」と入力するのに「konpyu-ta」とタイプするのは嫌です。
[ぢゃぢゃぢゃ]と入力するのに「dyadyadya」とタイプするのも嫌です。
仮名文字と濁点・半濁点の直接入力でいいじゃないですか。
トータルのタイプ数もずっと少ないと思いますが。

僕がローマ字入力を使う上で唯一具合良いのは、横書き文書で句読点をカンマ・ピリオドにする時くらいでしょうか。

まぁ、とにかく、「かな入力」モードに現在の不具合があっても、このまま使います。
[command]キーを押しながら[space]を2回タイプすれば、モード変更ウィンドウが表示されます。
これで、サクッと切替できることも覚えましたし。

やっぱり、ATOK買った方がいいのかな。

2010年10月13日 (水)

Macでドイツ語入力できた

多言語対応って何のため?誰が使うの?
って感じで、使い道を考えた事はありませんでした。

ドイツ語を入力してみると、ウムラウト(ä ü ë)とエスツェット(ß)がそのまま画面に表れる。
日本語とドイツ語の混在。いいですねぇ。

それにしても[option]キーがこんなに便利だとは知りませんでした。
2ストロークキーが使えるのって何か感動です。
ただ残念なのは、僕の環境(JISキーボード)だと、ことえりの英字モードで思ったように入力できません。
[option]キーで入力できるのは、[option]+Sのエスツェットだけです。
[option]+Uで[a]と入力しても、ウムラウト記号は無視されて'a'の文字だけ表示されます。

USキーボードでないとダメなのかな?
と諦めてたら、「システム環境」の「言語とテキスト」でGermanを追加すればOKとの情報がありました。

Aaaa

「キーボードビューアと文字ビューア」にチェックを付ければ、キーボードが表示されます。
ドイツ語を入力する機会はそんなに多くないので、これで十分です。

「German」モードならäüößはそれぞれJISキーボードの[:][@][;][-]キーに割り当てられるので一発入力。
ウムラウトは[option]+Uの後に[A][U][O]でもOK。

ってよく見たら「U.S.」モードにチェックが入ってない。
ウムラウトが弾かれるのは、このせいか?

....

今回は「グラブ」を使ってウィンドウ・キャプチャーもできたので、いろいろ収穫がありました。
Macを使い始めて4年も経つのに知らない事が多く、なんだかもったいない気がしました。

2010年10月12日 (火)

FullHD液晶LCD登場

またまた迷走中の話になりますが、仕事の切れが良くなってしまった僕は、得体の知れない物欲に駆られます。
きっと、先般までの買物と、その成果に満足してなかったんでしょう。
自分へのご褒美、っていう習慣は持ってないのですが、なんかワイド型LCDが家にも欲しい。

....

今年に入って、既に十数万もコチラ方面に使ってると言うのに。。。
いろいろと麻痺するんでしょうか?

家では1280x1024のよくあるスクエア型LCDを使ってます。
でも、会社では1650x1050のワイド型LCDを使ってまして。
1280x1024をデュアルよりワイド1台の方が快適に感じる体になってしまいました。

BD観る気はないので、会社と同じ解像度のLCDを探してたら、何かみんな高い。
でも、BenQ製とかLG製の1920x1080なLCDはとても安い。HDMI付きなのに。
※LCDパネルの仕様によって値段が異なるのは承知してます。

通販はドット欠けが怖かったので、近場のパソコン工房へ。
ボーナスシーズン価格の特売をやってたので、さらに購入する気満々です。 ←世間は6月。うちらは7月。冬はどーよ?

....

いろいろ見せてもらいましたが、やっぱり高いLCDは故障が怖い。
その点、安いLCDなら壊れたら買い替えでもいい訳で。
¥18,800の○○○○に決・・・あれ、表示ムラが・・・てか、コンソールが汚い。
一方、MITSUBISHIのRDT232WLMは特に違和感はない。でも¥22,980。
価格差は約4,000。確か、LCDパネルの製造元は同じだったような。。。

でも、うん。ここはRDT232WLMで。
プログラミング環境として、見比べた感じはコチラの方が好み。
しかし、この価格差を埋める程の良い点は見つからなかったのも事実。
では、購入!

....

メインPCのVGAはファンレスGeForce7600GSです。
Windows系は問題ないとして、GNOMEやKDEの環境がどうなるか不安でしたが、まったく問題ありません。
きちんと1920x1080を認識・表示してます。
いやー、縦はそんなに変わらないけど、横が広くていい!
EclipseやLazarusが広っっっ。
もちろん、Win環境のVSやSSMSも期待通りの感じです。 ← 全然使う気ないけど。

さて、サブPCはどーかな。BIOS→GRUB→X起動・・・アレ?

ウニョ〜〜〜〜〜ン ← 画面の波打ち。まさにウェーブ。
ウニョ〜〜〜〜〜ン
ウニョ〜〜〜〜〜ン

何んですと〜!( ̄Д ̄;;

GA-MA69G-S3GのオンボードVGAはDirectX9世代だけど、今まではまったく不満無く使ってました。マジ十分です。
いやいやいやいやいや・・・、これはきっとOSが。。。
で、XPのHDDで起動。BIOS→XP進捗→ログインブルー画面→それっ!

ウニョ〜〜〜〜〜ン ← 画面の波打ち。まさにウェーブ。まったく一緒。
ウニョ〜〜〜〜〜ン
ウニョ〜〜〜〜〜ン

( ̄ー ̄っ

こ・これはっっっっ
解りません!!!

....

VGAの限界かな?
電源ユニットが貧弱だから?
よく解らないので、健康診断が終わってから考えよう・・・

サブPCを見捨てたまま、季節は7月へ。気温も気分も上昇していきます。

ドイツ語の集中学習

そんなことをする予定では無かったのですが、図らずも「勉学の秋」になりました。

現在はLIZAさんがMCの「テレビでドイツ語」ですが、直前の半年は「「EURO24」、その前の半年は「ロマンチック街道自転車二人旅」でした。で、その前が現在の番組ですね。

この直近の3シリーズ。難易度というか感覚的に今のLIZAさんのシリーズが一番難しく感じます。
だって、会話が多いんだもの。
教科書主体でドイツ語を学んだ人間からすると会話は別次元です。
ドイツ語が素人の出演者がいないシリーズは、何度か観れば慣れますけど、会話のレベルは高いと思います。

個人的にはアリキリの石井さんとJulianeさんの個人レッスン風なのが一番学びやすかったです。
もちろん夏目さんのフォローも重要ですね。

と、言いながら、実はまだこのクールのテキスト最後まで終わってません。
なんか、じっくり進めたくて、テキスト全部読んでたら、いつのまにか終わってました。
さらに最終回を逃す大失態。

不本意な休日ですが、REGZAの録画領域を空けるためにも、いっちょ進めますか!

....

LIZAさんの2週分と石井さんの4週分を一気にこなすと気分はドイツ人・・・な訳はないです。まだまだまだ・・・・・・・無理です。

でも、学生の頃に、Schön, dich zu sehen!なんて表現は習った覚えないです。
wie geht's? gut, danke.とかも。

でも、待てよ。ほんとに習ってないの?
と、大昔に習った教科書とノートを出してきてびっくり。

うわっ!なんだこのドイツ語を書き留めた文書の量。
間違いなく自分が書いた文字なのに、さっぱり覚えてないし。
独作文してたんだ。。。へぇ。。。

ちくしょー、完全に昔の自分に負けてるわ。
納得いかねー。

....

1年の時、フランス語選択を学部で拒否られ、仕方なくドイツ語を選択。
納得いかないけど、どうせ受講するなら、モノにしてやる!
NENAの99luftballoonやKINOの歌詞を読めるようになってやる!!
と、ムキになってたバカな自分を思い出しました。

ちなみに、フランス語は4年次に受講申請したら、また学部から拒否られました。
くやしいので後輩から教科書を頂きました。
その時の後輩曰く、「二度と見たくない教科書なので、絶対返さないでください。」との事。

大丈夫。
もちろん大切に持ってますよー。
大切にしてるので開いてませーん。

2010年10月11日 (月)

スライスチーズが残ってた

最近、料理する機会が多くなってきました。
来月の為にも練習にちょうどいいのですが、何か納得いかないなぁ。

この連休はウチの両親のイベントが多すぎ。
法事やら出産パーティーやらに招かれたり、姪っ子の定期演奏会に参列したり。
何かと外出するため、東京に行きたいとも言い出せず。

....

なんか、折り箱に食べきれなかったおかずとか赤飯を持って帰ってきたようだけど、1.5人分くらいだからちょっと足りない。
ご飯はあるのでオカズでも作りますか。

冷蔵庫チェックしたら、母親が入院してた時に購入したスライスチーズが残ってる。
何で使わないかなぁ・・・賞味期限が・・・

ワンパターンだけど、チキンソテーのチーズのせ、かな。
昨日つまみに買った魚肉ソーセージもあるし、ちょっと炒めてみようか。

....

てな訳で、今日の僕の調理したメニューです。

コンビニで売ってた青唐辛子入りの極太魚肉ソーセージのスライス。
ごま油で表面がカリカリするまで炒める。
皿に移して酢と一味唐辛子を振りかけて、まず一品。

鶏ムネ肉が縮まないように、皮に包丁を入れて、筋切りを少々。
フォークでぐさぐさしたい所だが、母親が不在で所在が分からず。

オリーブオイルでニンニクみじん切りを炒め、鶏肉を投入。
皮がカリカリ・・・・にならない。ニンニクが焦げそう。ちっ。しょうがない。

肉とニンニクを取り出したが、肉の火の通りがイマイチな感じ。
急遽、肉は一口大にカットし再投入。
まんべんなく火が通ったところで、カットしたスライスチーズを乗せる。
馴染んだら皿に盛りつけて、ニンニクをトッピングして完成。

....

また、塩が多かった。
チーズの塩分を計算してなかったのでちょっと塩っぱい。
今回はニンニクも一緒に炒めたので、粒マスタードやカラシマヨネーズも合うかも。

2010年10月 8日 (金)

RTX1000に優先制御を設定してみた

今週の月曜から、RTX1000+VG400aの構成でデータ系と音声系を分離しました。
結果は上々・・・って言いたいところですが、残念ながら多少の不具合がありました。

通話のタイミングによって、ノイズが酷かったり、エコーがかかったり、、、
品質の悪いVoIPにありがちな状態が稀に発生するようです。

VG400a単独では音声系の問題は無かったので、試しにRTX1000のQoS機能を使ってみることにしました。
YAMAHAのサイトによると、「帯域制限設定値に近いスループットを実現できるのは、最大約30Mbit/sです。」との事。
元々、VG400aのスループットが約14Mbpsなので、支障はないでしょう。

優先制御と帯域制御があるのですが、今回は一番軽い優先制御を使ってみました。

pp select 1
queue pp type priority
queue class filter 1 4 ip (VG400aのWAN側のStaticIPアドレス) * * * *
queue pp class filter list 1
pp enable 1

てな感じで、マニュアルに書いてある通りに設定。
VG400aへのパケットを優先度4で転送します。

....

月曜の昼に設定してから、多少エコーや無音状態が一瞬入るものの、通話には問題ないようです。
もうしばらく、このまま様子見します。

2010年10月 7日 (木)

エアフローのために

なんだ、エアフローを確保するだけでいいのか。  ←本当?
今のSOLOのリアファンはうるさいしなぁ。

じゃあ、フロントとリアにファン付けよう。  ←ほぉ。
じゃあ、フロントとリアにファンはPWMタイプの買っちゃおうかな。  ←ぉぃぉぃ。

6月に入っても迷走中の僕は、まだ根本的な間違いに気づいてません。

微風で冷えるULTIMATE HD4670なら、少しの風量でいいはず。
そして、回転数が可変になるPWMタイプなら、普段は静かに使えて、負荷がかかる場面だけ回転数が上昇して冷却してくれるはず。
きっと、満足できるはず。だと。

....

田舎の場合、選択肢は少ないのでネットの情報にある部品を購入できるとは限りません。
ここでも、よく分からない期待感で、GELID Silent9, 12 PWMを購入しました。

まずは、購入したファンをSOLOに装着。電源ON。

フシュュュ〜〜〜〜〜〜

ぎゃあ、何の音ですか!この吸引音は!!
無理無理無理無理無理無理。

。。。納得いかない。じゃあCPUファンも9cmだから交換してみよう。えぃ!

フシュォォォ〜〜〜〜〜〜

( ̄Д ̄;;もっと酷い。。。

もぉいいです。元に戻します。
僕にはフロントファンの音は耐えられません。
ULTIMATE HD4670さん、しばらく冬眠してください。

...

さすがに数週間もPCがまともに使えないと、いろいろ支障が出てきました。
仕事もノッてきたので、切れが良くなるまでは保留にしよう。

60kmウォーキング&登山やハーフマラソンの大会もあったので、しばらく一般ユーザモードへ。
メイン・サブPCを組み直し、ネットだけは使えるように。
やっぱ、サード機の実験機は残すべきだったか。

そして、6月下旬。猛暑を前に仕事が一段落しちゃいます。

ブレゲの機械式時計

僕は機械式時計が好きです。
自動巻式より手巻式の方が好きです。
腕時計だけでなく、懐中時計もいいですね。

....

ブレゲの特集をテレビでみたら美しい時計がズラリ。
「クラッシック アラーム」が¥4,305,000。
「クラッシック トゥールビヨン・レディース」が¥12,558,000。
「クラッシック スケルトン・トゥールビヨン・パーペチュアル・カレンダー」に至っては¥24,370,500。

その中で一番好みで美しかったデザインの時計は「クラッシック トゥールビヨン・スケルトン」。
価格は¥20,202,000。

はぁ〜。僕には買えません。

....

ブレゲが発明した事もあり、トゥールビヨンの説明が多かったです。
そして、トゥールビヨンのスケルトンモデルで、ムーブメントの美しさを堪能できました。

トゥールビヨンは「そこに太陽系がある」的な宇宙観というか神秘的な生命観というか、見てる者を惹き付ける何かがあると感じます。
他に好きな機構はミニッツリピータとムーンフェイズ。
それにしても、すばらしい。

....

現代の他ブランドの機械式時計でもトゥールビヨン搭載モデルはとっても高額で、富裕層にしか購入できません。
実際に購入できなくとも、絵画を楽しむように機械式時計のムーブメントが見られれば幸せになれます。

絵画の展覧会のように、機械式時計の展示会も頻繁に開催されるとうれしいな。
バーゼル・フィア(フェア)はスイスだし。。。

本場のオクトーバーフェストに行ってみたい

毎年思ってても実現しない事のひとつ。
Oktoberfest 2010が終わりました。
http://oktober-fest.jp/about.html

ホームページには日本国内でのオクトーバーフェストも紹介されているのですが、やっぱり本場に憧れます。

ミュンヘンでの開催期間は9/18から10/3でした。
連休と有休を駆使すればなんとかなりそうです。

でも、ドイツに行くなら、他にも行きたいところはあるので、最低一週間くらいは現地で過ごしたい。
って事なら、オーストリアやリヒテンシュタインとかも行ってみたい。

欲が出てしまうと、なかなか踏ん切りがつきませんね。
Tschuess!

※ココログでウムラウトとかエスツェットは入力できないのかな?

2010年10月 5日 (火)

エアフローは大事だよ

SOLOのケースファンを動作させなかったばかりに、とんでもなく危険な状態を経験した僕は、軽いショックを受けました。
だって、P3全盛期はCPUファンレスも当たり前、てか、カジュアルユーザでも簡単に静音化できた時代です。
GPUファンなんて何のために?ってな感じで。
僕もCUBXやCUSL2でCPUファンレスやってましたし。 ←古っ。

基本的にHDDと電源ユニットの音しか聞こえない時代のユーザからすると、うるさくても性能が欲しい事なんてあり得ません。

危うくパーツ類を全滅させるところだった僕ですが、CPUファンレスの頃にエアフローが大切だった事を思い出します。
ボール紙やクリアファイルを切ってダクトを作ったりしてたなぁ。。。

....

6月に入っても蓋が開けっ放しのPCを放置するのも何んなので、何が問題が検証することにしました。
前述の反省を元に、リアファンの使用を見据えての検証です。

まずは、ファンレス7600GSでの確認。
・SOLO(ファン無し) x ファンレス7600GS = 1hくらいは問題ない。じわりと温度が上昇し、ケース内は60度を超えるくらい。
・SOLO(リアファン有り) x ファンレス7600GS = 4h使用したが問題ない。

リアファンを動作すれば、少々うるさいけど、使えることは分かりました。
渋々、リアファンは常時動作させることに。 ←でも、うるさい。
最悪、この構成でもいいや。ケースまで無駄な買物だった事にはしたくない!

....

続いて、ULTIMATE HD4670の検証を。
・SOLO(リアファン有り) x ULTIMATE HD4670 = 10分もしないうちにCPUファンの轟音が。

CPUとGPUの隙間に手を入れてみると、下部(GPU)から上部(CPU)ら向けて熱が上昇してます。

ええっ。リアファン使ってもダメなの!?
じゃあ、いいや。せっかくの冷えそうなヒートシンクだから、ドライヤーの送風で風を当ててみよう。
どれ、触・・・れるよ!冷たいくらい。何で、すごいじゃんこの放熱性。

送風と止めると、瞬時に爆熱フィンに戻るので、ULTIMATE HD4670の熱伝導性というか放熱性はすばらしいのです。

試しに、8cmの低速ファンが余ってたので、ULTIMATE HD4670のヒートシンクに巻き付けて動作させてみました。
ケース内45度。ヒートシンクもぬるいです。こんなに微風なのに。。。
なるほど。そういうことですか。

....

ネットで情報を検索すると、「ファンレス」「エアフロー」「SOLO」でザクザク引っかかるじゃないですか。
http://www.dosv.jp/other/0609/10.htm ←これとか、勘弁してください。

そして、迷走中の僕は、さらに妙な方向に進んで行きます。

2010年10月 4日 (月)

サブクエリの動作の違い

今日はめずらしく、sawagani氏が教えを乞いにやってきました。
何でも、今ではマイナーなPervasiveSQLのv8で、サブクエリが期待通りにならないとの事。
コンバート結果の確認のためにプログラムを組むのも何なので、SQL文を発行して確認できれば有り難い。

なるほど。では、SQLServerで動作確認してみるわ。

SELECT * FROM 明細データ AS a
LEFT OUTER JOIN (SELECT DISTINCT id FROM 明細データ WHERE s_date >= '2001-10-01') AS b ON a.id = b.id
WHERE s_date >= '2001-10-01'

まあ、このクエリ自体にツッコミたい事はありますが、とにかく文法的にエラーはありません。
多分、期待通りの動作をしているのでしょう。

しかし、PervasiveSQLでは、この記述はエラーになります。
何か納得いかないので試行錯誤してたら、IN 句に記述することで動作しました。

SELECT * FROM 明細データ AS a
WHERE a.id IN (SELECT DISTINCT id FROM 明細データ AS b WHERE s_date > '2001-10-01') AND a.s_date >= '2001-10-01'

SQL文の記述として、どちらが自然なんだろう。

窒息ケースxファンレスビデオカード=?

ワクワクしながら評判の良かったSAPPHIREの「ULTIMATE HD4670」を購入したのに。。。 ←評判がいいのはWin環境ね。
爆熱で使えないなんて。。。モヤモヤしたまま5月も終わりに近づきました。

MT-PRO 1100+にはケースファン類はつけておらず、それでもGeforce7600GSのファンレスの熱が気になる事はありませんでした。

・MT-PRO 1100+ x ファンレス7600GS  ← 現状。問題ない。
・MT-PRO 1100+ x ファンレスHD4670  ← 爆熱。常時使用は不可能。

HD5xxxシリーズが発売され、¥9,999の特価で購入したとは言え、使えないのでは意味がありません。

....

よーし。ここはケースを交換してみよう。
P3世代のケースだから、今時の静音ケースなら「多分」大丈夫なはず。 ←何を根拠に?
ネットで調べたら僕と同じような構成で、ULTIMATE HD4670がいい感じ、との情報を得ました。

何々?Antec SOLO BLACK?
僕の持ってる電源ユニットはAntec NeoPower430。
おお、これは丁度いい。
早速、購入。ポチッとな。

....

それでは、メインPCの移行です。評判通りの重厚感はいい感じ。
最初は、ケースファンを回さずにテストです。

HDDのマウントユニットは共振防止の樹脂スペーサが効果的です。
WD6400AAKSは別のPCケースにも装着してみたけど、あまりに共振がひどくて閉口しました。
プチプチのついたビニールをケース内に敷いて、その上に置いてあげないと耐えられませんでした。
それがまったく音も振動も伝わってきません。ちょっと感動しました。

CPUクーラーはSCSMZ-1100ですが、ファン音がほとんどしません。
やっぱり、今時のケースは静音性に優れて快適ですね。

....

いやー、これで快適に使える!
なんて、気分良く30分程使った頃でしょうか。

フォーーーーーーーーン    は?
ブォーーーーーーーーン    おぉ?
グォォォォォォォーーーン    ええええええええええっ

急に何んですか!?一体何が?
ケース内の温度は、、、って70度超!!!いかーーん。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

ケースを開けたら、ベーコンの温薫の時のような熱気が当たります。
GPUに触・・・れる訳ありません。

ULTIMATE HD4670。なかなか手強い。
いや、SOLO BLACKも。かな。

そして、僕の格闘は6月に入っていきます。

2010年10月 3日 (日)

ランニング再開

10月に入って涼しくなりました。スポーツやドライブに最適な気候ですね。
ちなみに今日は地震もすごかったです。けど、もう慣れました。
烈震くらいでないと驚きません。

今日は天気も良かったので、地震なんて気にしないで髪を切りに新潟へ。
買物もしたかったけど、ちょっと我慢しておきました。

行きは快晴だったのに、帰りは雲行きが怪しい。
IP電話の調子とバックアップ結果を確認する為に会社に寄ったら、また奴がいるし。

....

今日は絶対走りたい!走ってスッキリしたい!

てな感じで、iPodなしのマジ走り。
8kmで50分なら、今の僕なら良い方でしょう。

あ、思い出した。
せっかくロマン24に誘ってくれたのに断ってごめんなさい。
やっぱり、今の僕ではレースは無理ですよ。

ファンレスの罠

現在、ようやく落ち着いたので、ちょっと今年を振り返ってみようかと。
自分への戒めのために。

そもそも僕のPC環境が錯綜し始めたのは、今年の5月の事でした。
当時のメインPCはだいたいこんな感じで構成してました。

・マザー: GA-MA790XT-UD4P  ←DDR2と間違えて購入した痛恨のMB。酒飲みながらポチるなよ自分!
・CPU: PhenomII X3 720BE  ←MBと同時購入も4core化無理。
・ケース: MT-PRO 1100+  ←旧星野金属製のP3世代アルミケース。ATX電源が天地逆の困ったちゃん。
・HDD: WD6400AAKS  ←ケースと共振しまくり。SMARTDRIVEに入れるとマシ。後にAntec SOLOに救われる。
・電源: NeoPower430  ←ストレート排気なのが重要。天地逆でもOKだから。
・メモリ: DDR3の2GBx3
・GPU: GALAXYのファンレス7600GS

今時のPCとは言えませんが、Linuxのデスクトップとしては特に問題ない構成です。
無音までは望まないものの、そこそこ静音なPCとして使ってました。
小さな不満はあっても、大きな不満はなかったのです。

仕事面で大きな躍進があったタイミングで、たまたまネット上にファンレスGPUの記事を見つけました。

僕もそろそろGeforceではなくAMDのGPUでLinuxデスクトップを構成してみようかな。 ←甘い。甘すぎ。
と、思って購入したのは、SAPPHIREの「ULTIMATE HD4670」。

同じファンレスだし大丈夫だろう。

....

おぉ、1Slotだ。放熱フィンがカッコイイ〜。
早速、装着。ドライバ更新して、、、あれ?690Gとそんなに変わらんなぁ。
では、Windows環境で、ちょこっとベンチマークでも、、、おぉ〜速い。
まぁ、悪い買物じゃなかった、、、、あれ?CPUファンが。

フォーーーーーーーーン

げっ!?今までにない爆音。
ケース内の温度は、、、って60度超!!!いかーーん。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

慌ててケースを開けたらムワッと熱気が。そしてGPU触ったら熱っっっ
触れません。無理です。そりゃ、CPUファンも全開になります。

しかし、今までそこそこ静音PCとして満足してたのに、これはくやしい。
よーし、ケースを買い替えて、メインPCを快適にしよう!!!

....

そんな僕が候補に選んだのは、Antec SOLO BLACK。
普通ファンレスGPU使う人が選ぶようなケースじゃありません。
でも、僕は静音は捨てられないのです。
そして、なんとかしてやると!  ←バカですね。

LinuxのデスクトッブのAMD化に挑戦!なんてのはどうでも良くなってました。
ここから、僕の右往左往が始まります。

2010年10月 2日 (土)

陶器のペン皿

ちょっと前に頂いたのですが、結構気に入ってます。

Nec_0012_2

ありがとうごさいます。
リニューアルした机上にピッタリです。

....

イラストはセム(SEM)。フランス人のイラスト・風刺画家です。

同じフランス人の風刺画家だとビゴーが有名ですね。
 ビゴーは日本史の教科書に載ってるので、作者を知らなくても目にする機会はあったと思います。
鹿鳴館とか列強とか、そんな時代の事情とか情勢が一枚のイラストで表現されてますね。

僕はセムと言う名前は知りませんでした。
でも、イラストは印象に残ってます。
サラッ、スラッとしたタッチは欧風な感じがします。

「あ〜、観たことあるよ〜」って言ったものの、モヤモヤした状態は嫌なので、ネットで検索。
でも、なかなかヒットしません。
で、見つけたのが「マキシムドパリ」。
あ。そうか。そこだったか。

マキシムドパリの苺ミルフィーユはとても美味しいので、東京のおみやげに買うことがあります。
てか、東京在住時代、結構お世話になりました。

あ。食べたくなってきた。。。

ココログに馴染んできました

今年はブログを始めるぞ!
と、年初から思ってたのに、結局は9月から。
いろいろと踏ん切りがつかなくてスタートが遅くなりました。

今まで、mixiにたまーに日記を書くだったのですが、どーもmixiのシステムが好きになれません。
mixiはSNSのひとつと割り切って、blogは別のところでやりたい。
ココログに落ち着いたのはたまたまですが、僕の場合SNSは合わないみたい。

ドメインを取得していれば、WordPressかMovableTypeでWebサイトと共に用意できたのですが、やっぱブログは個人で運営するのはどーかと。
周りの人達はいろいろです。livedoor, アメブロ等に書き込んでる人とか。
もちろん個人でサイト運営してる人もいますが、今の僕には時間的に無理です。

....

ブログって「思った時に書ける」のが当たり前のようにできていいですね。
mixiはあくまで日記で、その日一日に書きたい事がたくさんあると長くなって大変です。
あと、カテゴリー分けもです。

ココログも不満がない訳じゃありません。
カテゴリーを複数設定したいとか、ブログに表示されるカレンダーのアクションに月毎のバックナンバーへのアクセスが欲しいとか、、、細かいですけど。

でもでも、思った時に書ける手軽さは「楽しい」ものですね。
twitterのつぶやきが流行るもの分かる気がします。

LIZAが帰ってきた

テレビでドイツ語が新しいクールに入りました。
今回は2009年4~9月に放送してした「ベルリン再発見」というサブタイトルのシリーズです。
REGZAの32H7000を購入してから、最初に予約録画を始めた番組なので、とても印象に残ってます。

MCのLIZAさんは、世界ふしぎ発見とかアナザースカイに出演されてるモデルさん。
日本語・ドイツ語両方身についてるなんて羨ましい。
あと、Julianeさんがベルリンの見どころを紹介してくれるので、また観れるのが楽しみ。
のみの市とか博物館とか実際に行ってみたい。
それと、ソーセージ!ビール!!それと、、、、あぁキリがない。

RTX1000とVG400aの同時使用できた!!

最近、IP電話のVoIPルータ(VG400a)が調子悪いです。
OCN.Phone Officeを導入する際、4ch持ってるルータがこれしかありませんでした。
たまたまYAMAHAのRTX1000が余ってたので、データ系と音声系を分離することにしました。

....

ネットに情報が少なくて本当に苦労しました。
でも、なんとかVoIPとルータの分離に成功したので、ポイントをメモ書き。

■VG400aの設定
1. UPnPは「オフ」にする。
2. WANインタフェースはStaticIPでプライベートIPを固定で割り振る。
3. LANインタフェースはDHCPでメンテPCを接続できるようにする。

■RTX1000の設定
1. PPPoEの記述で、ppp ipcp msext onがないと、DNSサーバのIPが貰えない。
2. dns server pp 1 でうまくいかない場合は、ISPのDNSサーバを明記。
3. upnp use off は明記。
4. nat descriptor sip 1 on でSIP-NATを有効。
5. ip filter in では、udp 5060, 5090-5091, tcp 5060 を許可。
6. nat descriptor masquerade static 1 でSIPのパケットをVoIPルータのIPへ転送。

接続には成功したのはいい。
だけど、最初にRTX1000の電源を入れてから、PPPoEが確立してネットが使えるまで、2分くらいかかってしまう。
こんなに遅かったっけ?
まぁ、普通にネットが使えるようになってからVG400aの電源を入れれば問題ないので、とりあえずよしとしよう。

....

あと、VG400aのUPnPの設定を「オン」のまま作業するとハマります。
電話はかかるけど、お互いに無音という最悪の状態になります。
最初に「オフ」にするべきです。
また、VG400aからSIPサーバに接続するには、RTX1000のDNSがキチンと動作していないと番号取得にすら行きません。
VG400a単体と比べるとIP電話の音声が擦れて聞こえるのは、気のせいか?

で、スループットはどんなかと言うと、USENのスピードテストでこのくらい。

VG400a単体、14.328Mbps。
RTX1000+VG400aで、47.592Mbps

うーん、3倍以上とは。。。苦労した甲斐があるわ。
RTX1000はNAT-Traversalが使えないけど、なかなかいいと思います。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ