« 試験にでる英単語が売ってない | トップページ | 賢いインストーラには気をつけよう »

2010年9月15日 (水)

移行アシスタントでの過ち

mac miniの環境も理解してきたところで、そろそろ開発環境も移行してみよう。
mac以外にもubuntuやWindowsを行き来してるので、僕の開発環境はOSに依存しない構成にしています。
なので、手動で移行すればいいのですが、ついつい好奇心が働いてしまいました。
「macには移行アシスタントがあるんだから、使わなきゃ損だ!」

PowerPCからIntelだというのに無謀な発想ですね。coldsweats01
が、まだまっさらなので失敗してもいい、という環境です。
今後、手を加えたら、後戻りはできません。
何事も経験ですから。今のうちに試してみましょう。

....

最初、PowerBookG4とmac miniは移行アシスタントで簡単に移行できるように見えました。
が、やっぱり思い通りには移行できません。
いくつかポイントを記録しておきます。

・アカウントor名前が既に存在していると移行してくれない。
・AirMac同士だとやたら時間がかかる。(36GBで6時間20分。1000BASE-Tでは15分でした。)
・アカウントが重複している場合、ライブラリも移行されない。iTunesだけとかは無理。
・Rossetaが必要なアプリを除外する仕組みがない。

結局、僕の環境では中途半端にフォルダがマージされ、期待した結果にはなりませんでした。

....

macから書き込みのテストも終わったので、これから再セットアップしてみます。
FW800の外部HDDも持ってますが、ここはすっきりと内蔵HDDを初期化でしょう。

さて。がんばりますか!

« 試験にでる英単語が売ってない | トップページ | 賢いインストーラには気をつけよう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

開発Twitter

無料ブログはココログ